不倫相手と復縁する方法。振られた後に絶対にしてはいけない事&冷却期間などよりを戻す為にすべき事を完全紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードでお伝えいたしますね。

「不倫相手に振られてしまったけど、どうしても彼じゃないとダメ」「絶対に復縁したいけど、どうしたらいいのかわからない・・・」と不倫恋愛が終わってしまって、復縁方法を探しているあなた。

不倫相手と復縁するために振られた後に絶対にしてはいけない事と冷却期間など既婚者の彼と寄りを戻す為にすべき事を完全紹介していきます。

復縁のために何をすればいいのか、結婚している相手だからこその方法を知ることで、周囲に知られることなく彼との距離を縮めることができるはずです。

「それにしても不倫恋愛って普通の恋愛で別れるより辛い」と感じているあなたに、未練が残りやすい理由や不倫相手から振られるよくある理由を知ることで、辛い思いを整理して復縁に向けて前向きになることができるので、理由から復縁成功までの失敗しない流れまでじっくり読んでまた彼の心を掴んでくださいね。

目次

不倫の別れが未練が残りやすい理由って?どうして不倫の別れはこんなに苦しいの?

元々リスクがあることが分かっていて好きになったから苦難を乗り越える覚悟がある

不倫の別れで未練が残りやすいのは、元々不倫関係になる時からリスクがあることを分かっていて好きになったため、少々の苦難を乗り越える覚悟があるためです。

不倫恋愛は、リスクが付き物ですが、周囲にバレると自分が悲しむだけでは済まないということを、交際が長くなるほど実感していきます。

好きになった既婚者の男性本人はもちろん、相手の家族、自分の家族や友人、関わる仕事場の人たちや上司など、不倫恋愛が公になってしまうことで迷惑をかけてしまう相手はかなり多くいるものです。

それでも恋愛をするという気持ちを優先させる時には、すべてのリスクを背負う覚悟を持って恋愛をしています。

既婚者の男性から振られてしまうことで、その時感じた強い覚悟や悩みを全て否定されてしまったような気持ちになってしまうのです。

「今までの悩みは必要なかった」と言われているようで、リスクを抱えてまで恋愛をしていた自分自身に価値がないように思えてしまいます。

不倫恋愛をするという大きな決断をしたあの時間を否定されてしまうことと同じ意味を持つような気持ちになる「振られた」という現実を受け入れることができなくなってしまうのです。

苦しい思いをずっと我慢してきたから離れたくない

不倫の別れで未練を感じるのは、苦しい思いをずっと我慢してきたからこそ、彼と離れたくないと強く願うからです。

奥さんがいる相手を好きになるということは、相当胸が苦しいもの。

どれだけ愛しても彼の一番になることは難しく、「会いたい」と思っても仕事や家庭の都合よりも優先順位は下であり、隙間時間でしか会うことができない恋愛はとても刹那的になります。

ラインをしてもメッセージを消される、電話をしてもタイミングが悪ければ通話を切られる、友達に相談することも許されない、明るいところで会うことができない、など不倫恋愛は我慢ばかりです。

ずっと我慢をしても「それでも一緒にいられるだけで幸せ」と言い聞かせてきた恋愛だからこそ、振られたことで「今までの我慢はなんだったの?」と思ってしまいます。

我慢をし続ける恋愛をしていると、「いくらでも我慢できる」「我慢さえしていれば彼はそばにいてくれる」と思い込んでしまうことになり、別れの理由を受け入れることができないのです。

「私が我慢すればいいだけのこと」「何か一緒にいられる方法があるはず」と思考を巡らすことで、どうにか別れずに済む方法を探してしまいます。

奥さんより愛されていると思っていた

不倫の別れが辛いのは、付き合っている最中、浮気相手の女性は奥さんより愛されていると思っていたと感じることが理由となります。

不倫をする既婚者の男性は、「浮気相手のことを好きだ」という気持ちを持ちながら、同時に「家庭は大事にしたい」と考えていることがほとんどです。

二人の女性をバランスよく愛するためには、それぞれと一緒にいる時間は目の前の相手に集中することが必要になります。

そのため不倫恋愛をしている時には、彼女のことが一番大切に思って接していたので、相手の女性からすると「私が一番愛されている」「奥さんよりも愛されているからいつか私の元に来てくれるはず」と彼への愛情を募らせていくのです。

女性にとって彼の存在は、なくてはならない人となっていきます。

相手が既婚者だという状況が「結婚までしているのに、私を選んでくれた」という高揚感を生み出すものなのです。

彼に夢中になるほど、相手の男性との気持ちの温度差が広がっていき、既婚男性の気持ちが冷めていく状況に気がつきにくくなってしまいます。

不倫の恋愛は刺激が強すぎて普通の恋愛に戻れない

不倫の別れが未練を残してしまう理由は、不倫恋愛はその関係そのものの刺激が強すぎて、普通の恋愛に戻れないからなのです。

一度不倫を経験すると、そのスリルと刺激の虜になってしまう人は少なくありません。

奥さんがいるという立場の人を振り向かせる快感、誰にも内緒で愛し合う背徳感、人目を忍んで会うというスリル、なかなか会えないという状況が生み出す焦らされる感情、その全てが不倫という恋愛を盛り上げるスパイスとなっていきます。

不倫を経験して、ハードルが高い恋愛をマスターしていく気持ちよさを体感してしまえば、通常の恋愛の駆け引きでは物足りないと感じてしまうようになるのです。

「好き」と言えば「俺も」と返事が返ってくる通常の恋愛は、既婚者とのやりとりとは明らかに温度が違います。

「裏切ってはいけない人を裏切る」という苦しみを伴う感情、「自分が決めた人ではない人を好きになる」という後悔と喜び、そんな気持ちに翻弄されている既婚者の男性をそばで見ていると、彼を虜にしているという現実が浮気相手の女性に喜びを与えるものなのです。

他の恋愛をすることが出来なくなってしまったあなたは、彼との恋愛でしか心を満たすことができないということを知っているので、未練を持ってしまいます。

職場から始まることが多いから別れてからも毎日会う

不倫関係の別れが未練となるのは、相手の男性との関係そのものが職場から始まることが多いから、別れてからも毎日会う状況が続くためです。

不倫のきっかけで圧倒的に多いのが、職場の人間関係と言われています。

上司と部下、同僚など職場の人であれば、恋愛が破綻したからといって会わないようにするというわけにはいかないものです。

むしろ、不倫をしていた今までも恋愛をしている相手を公表せずに、通常通り仕事をしていたので、別れたからといって職場で何が変わるわけでもありません。

今までと同じように仕事をしなければいけないし、関わっていかなければいけないという状況で「別れたからって何も変わらない」という気持ちを生み出します。

そもそも不倫では、デートも頻繁にはできないし、会う予定にしていても急遽予定が変わってデートできなくなってしまうという自体も珍しくないものです。

会わない時間が続くということも不倫では今までも多く経験しているので、余計に別れたことによる日常の変化を感じにくくなります。

日常で変化が起きていないと、別れたという現実を受け入れる心の準備も整わないので、未練となって「今度はいつ会えるだろうか」という次への期待も出てきてしまうのです。

既婚男性・既婚女性は別れた後に未練は残る?男女の心理の違いと復縁の可能性を上げる極意

不倫相手との復縁はやめたほうがいい?復縁すべき不倫&ダメな不倫と不倫専用の復縁の極意

不倫相手と別れるよくある理由って?どんな事が原因で振られる事が多いの?

飽きてしまった

不倫相手と別れるよくある理由は、残念なことに彼があなたのことを飽きてしまったというものです。

結婚している男性にとって、奥さん以外の女性は彼の目に新鮮に映ります。

相手の女性が自分に対して好意を持ってくれていると分かることで、「手に入れたい」と思ってしまうのです。

また、奥さんとちょっとしたケンカの後で、よその女性に興味を持ってしまったというきっかけで不倫を始めるという男性も少なくありません。

そんな男性達にとって、不倫相手の女性は心の寄り道であり、本気となることはないものです。

「奥さん以外の女性とセックスしてみたいな」「久しぶりに恋愛のドキドキを感じたい」「妻に腹が立つから当てつけをしたい」などの理由から始まった不倫も、少し時間が経過すれば慣れてしまい緊張感がなくなってしまいます。

「時間の都合をつけることも大変だしもうやめよう」「思っていたよりも結婚してからの恋愛は退屈だった」「奥さんとも仲直りしたし不倫を続ける意味がない」と、彼の心が切り替わることで不倫恋愛に飽きてしまうという気持ちがうまれるのです。

奥さんに不倫疑惑をかけられた

不倫恋愛で別れる理由で多いのは、やはり奥さんに不倫疑惑をかけられたという理由が多いものです。

不倫を始めると、今まで家と仕事場の往復だった人が、急に帰宅時間が遅くなってしまったり、友人たちと飲みに行くことが多かった人が、変わらず遅い時間に帰ってくるのにお酒の匂いがしなかったり、と変化が起きてきます。

一緒に生活をしている奥さんにとって、旦那の変化はすぐに分かるものなのです。

知らない匂いがしたり、何も根拠はないけど「怪しい」と感じたり、女の勘は鋭いので、不倫を始めてすぐ怪しみ始める奥さんもいます。

スマホをチェックされる、毎日予定を確認されるようになる、カバンの中身を見られる、など疑惑を言葉にされなくても明らかに奥さんの行動が変わってくれば、夫である彼も「不倫しているのがバレたかも」「このままではバレてしまう」と焦りを感じるのです。

このような焦りを感じても、今までと同じように不倫を続ける男性はいません。

彼女と距離を取ろうと考え、奥さんの性格や今後のことを考えると別れることが最善の方法だと判断すれば、別れという決断をすることになります。

彼女が悪いということはなく、完全に家庭内での出来事なので、唐突に別れを告げられても納得できないと感じるはずです。

他の女性と関係を持った

不倫で別れの原因としては、既婚男性があなた意外にも他の女性と関係を持ったことで「二股はかけられない」という罪悪感や「時間的に二人は無理」という都合理由から別れることを告げたものです。

結婚しているのにあなたと恋愛を始めてしまった彼にとって、今までの交際で不倫のアリバイ作りや言い訳など根回しをする段取りを覚えてしまったことは、「恋愛をしたい」という気持ちを加速させるきっかけとなっています。

奥さんとのマンネリ化、モテたいという元々持っている願望、などを抑えきれなくなってしまったため、自分の男としての価値を試すために他の女性の気持ちも知りたいと思い始めてしまったのです。

他の女性と恋愛関係を持ったことで、既婚者の男性にとって何人も不倫関係をバランス良くこなすことは難しく、心も体も慣れてしまったあなたとの別れを選んだということになります。

子供でも慣れ親しんだ使い慣れたおもちゃよりも新しいおもちゃの方が嬉しいと感じるのと同じように、恋愛をする女性も新しい相手との関係を持てたことに喜びを感じているものなのです。

浮気相手の時間を奪っている罪悪感が大きくなった

不倫で別れる原因としては、結婚している彼が浮気相手の時間を奪っている罪悪感が大きくなったことが原因というものが多くあります。

既に人生のパートナーを選んでいる彼と、これから未来あるあなたとの間には決定的な違いがあるものです。

それは、未来に対する時間の使い方。

パートナーがいる既婚男性は、これからの人生共にパートナーと幸せに生きるために様々な体験を共有することで豊かな時間を過ごすことができます。

しかし未婚の彼女にとっては、その相手であるパートナーをさがすところから始めなければいけません。

不倫をしている間、彼女のパートナー探しの時間を奪っていることになり、相手の未来を奪っていることを意味します。

既婚者の男性は「自分がいけないことをしている」と反省したことで、彼女との別れを決意したのです。

この場合、相手の男性がいくら好きでも彼女の幸せを願っていれば、別れという選択をすることになるので、彼もとても苦しい決断をしたことになります。

しかし、彼が望んでいるのはあなたの幸せそのものであり、自分は幸せにできる相手ではないということを宣言しているものです。

つまり、彼は離婚をする気持ちがなく、恋愛をすることもないとハッキリと断ったことを意味します。

妻との離婚を迫られた

不倫の別れで多い理由は、彼女から妻との離婚を迫られたことで、あなたに対して距離をとりたいと感じたことです。

不倫関係では絶妙な距離感が必要になります。

離れすぎてしまうと、気持ちも一緒に離れてしまい自然消滅になりやすい恋愛でもありますが、心の距離が近くなりすぎると独占欲が強くなってしまい、元々奥さんがいる相手であるにも関わらず彼女が独り占めしたくなる気持ちを言葉に出してしまうものなのです。

「私だけを愛してほしい」「一瞬も離れたくない」「家に帰らないで欲しい」と願うことから始まり、会えない時間が辛すぎて連絡が頻繁になってしまうことも、既婚男性を困らせてしまう要因となります。

「奥さんといつになったら離婚するの」「早く別れて私と結婚して」と言い始めると、割り切った関係だと思っていた男性にとってはかなり重荷になってしまうのです。

彼女に対して「一番愛しているよ」「妻とは愛情がない」と言っていたとしても、それを間に受けてしまっては傷つくことがあるということを、浮気相手の女性は知りません。

「彼さえいればいい」という気持ちが暴走してしまうと、ただでさえリスクが高い恋愛なのに人前で距離が近くなったり、他の人がいるのに二人の会話を持ち出したりと危険な行動が目立ってきます。

これ以上は一緒にいられない、不倫がバレてしまう、と考えた彼は別れを決断したのです。

奥さんにバレた…連絡がなく音信不通になったその後、彼の未練や冷却期間を活用し復縁する方法

不倫相手に振られた後に絶対にしてはいけない事

返信がないのに連絡をする

不倫相手に振られた後に、絶対してはいけない事は返信がないのに連絡をすることです。

不倫関係を終わらそうとする男性の心理は、「浮気相手と離れたい」という気持ちが強く働いているときになります。

気持ちの変化や奥さんとの関係、浮気がバレそうなど色々な理由がありますが、どれをとっても「今近くにいるべきではない」と判断したから別れという選択をしたのです。

そんな彼に対して、「離れたくない」「二番目でもいいからそばに居させて」とすがってしまう行為は、既婚者の相手にとって迷惑になることでしかありません。

結婚しているという立場を考えても、別れて身の潔白を証明したい時期なのに、いつまでも別れた相手から連絡が入ってくれば、浮気をしていた事実がバレてしまうことにもなるし、納得させるために話し合いの場を設けなければいけなくなってしまいます。

それは、今一番彼が望んでいないことであり、気分を害する要因となるものなのです。

復縁を望むのであれば、少なくとも彼に嫌われる行為を避けていなければ、あなたが大好きな彼は、どんどん自分の元を遠ざかってしまうことになる、ということを覚えておきましょう。

職場の飲み会で隣に座る

職場不倫であれば、別れを告げられてからも顔を合わせるという事態を避けることはできませんが、彼との復縁を目指すのであれば、職場の飲み会で隣に座ることは絶対にやめておきましょう。

職場の飲み会は、「無礼講でいきましょう」と前置きされることが多く、上司が上座に座るという最低限のマナーさえ考慮していれば、座る場所は自由だという場合が多くあります。

この時に振られた相手である不倫相手だった男の人の隣に座ってしまうと、彼は「わざとそんなことして嫌がらせ?」「隣に座られても、他の社員もいるから何も離せないのにどういうつもりなの?」と不快に思ってしまうはずです。

あなたの行動から「何を考えているのかわからない」という不信感へと繋がってしまい、今後連絡を取ろうとしても無視されてしまう可能性が高くなってしまいます。

いくら職場の飲み会で、近づくチャンスだとしても、隣に座って急激に距離を詰めようとしたり、話しかけなければいけない雰囲気を出してしまったりと相手を困らせてしまうことはやめましょう。

職場で二人きりになったときに恋人時代の会話をする

不倫相手から振られても、復縁したいのであれば職場で彼と二人きりになったときに恋人時代の会話をすることはするべきではありません。

元不倫相手と職場が同じであれば、わざとではなくても二人きりになってしまうことはあるものです。

会議の資料準備や片付け、プロジェクトの打ち合わせ、給湯室や通路など、たくさんの人がいる会社であっても偶発的に二人きりになる瞬間という場面を避けきることは難しいといえます。

まだ未練がある相手と二人きりになってしまえば、つい「別れることに納得できない」「ずっと一緒だよって言ってくれたじゃない」と、我慢してきた気持ちをぶつけてしまいたくなるはずです。

しかし、偶然とは言え二人きりになったことで、相手の男性は「気まずい」「早くこの場から立ち去らないと」と思っている時に、あなたから恋人時代のことを話に出されると、会話として向き合わなければいけなくなってしまいます。

もう終わったことだと思っている相手にとって、話を蒸し返すことは相手に反発の気持ちを生んでしまうことになるため聞く耳を持ってもらえないのです。

例え相手が「まだ好きだけど今は付き合えない」「状況を説明することが難しい」と感じている状況であっても、突然過去のことを話題に出されて責められてしまっては、冷静に話ができません。

あなたが未練を持っていることで、会うたびに興奮してしまうなら、彼は「今彼女は話ができる状況ではない」と判断することになってしまうので、復縁のための話し合いができなくなってしまいます。

目で追いかける

相手のことが好きであれば、どうしてもやってしまいがちな目で追いかけるという行為は、相手の気持ちを遠ざけることに繋がってしまいます。

目で追いかけるという行為は、あなたは無意識でしていることなので、相手になんの影響も与えていないと思いがちですが、実は相手側からすればあなたからの視線はとても強く感じるものです。

「また見ている」「言いたいことがあるなら直接言えばいいのに」「もっと距離を置こう」と彼自身も心の中で感情が動いていきます。

あなたと別れたことで、既婚者の彼は冷静に状況を整理している最中に、気持ちをかき乱されることをされてしまうことで、あなたからの影響力が強すぎると感じてしまうのです。

「そんなに見つめられても、もう二人の関係は終わったんだから早く諦めて欲しい」という願いを持ってしまうので、復縁できなくなってしまいます。

不倫相手に振られた後に復縁をしたいならすべき事

目の前のことを全力で楽しむ

不倫相手に振られた後に復縁をしたいなら、まずは目の前のことを全力で楽しむことで、未来に向けて一歩踏み出すことができるはずです。

好きな人に振られるという出来事は、心を深く傷つけ、何もしたくないほど気分が落ち込んでしまいます。

しかし、いくら落ち込んでも相手が既婚者だったという恋愛は、誰にも相談することができず、心の傷さえも一人で抱えて乗り越えなければいけません。

不倫が終わった後は「最初から付き合わなければ良かった」「出会わなければ良かった」とネガティブな発想になりやすく、立ち直ることに時間がかかってしまいます。

立ち直ることができないということは、復縁に向けての行動もできないということなのです。

別れたことで、彼と交際していた時間に出来なかったことを取り戻すチャンスでもあります。

目の前のことを全力で楽しむことで、自分が今まで犠牲にしてきた時間を実感することができるはずです。

その経験が、過去の不倫恋愛で見えていなかったものに気がつくことになり、不倫と自分の人生を両立させる大切さを知ることができます。

今までと“時間”や“周囲の人との関わり”に対して見え方が変わってくると、彼と復縁した時にもどうすればもっと自分の人生を楽しみながら恋愛をすることができるのかが分かってくるのです。

色気を磨く

不倫恋愛では大人の魅力を持っている人の方が、より相手を虜にしやすいので、振られた相手と復縁したいのであれば、あなたの色気をもっと磨くことが大切です。

大人の魅力とは何か、彼はどんなところにドキっとするのか、今までの交際時間で得てきた情報をフル活用して、あなたを変化させていきましょう。

髪の毛の長さや質感、髪型など男の人は、女性のヘアスタイルに色気を感じるものです。

妖艶さを持ち、今まで付き合ってきたはずなのに「今までと何かが違う」と感じさせるほど少しの謎を持つことで、「俺のものにしたい」という欲望が生まれます。

メイクや立ち振る舞い、言葉遣い、話す内容、服装や靴、外見はもちろん性格や考え方もあなたを構成する要素となるので、全身くまなく「モテる女」になるための努力をしましょう。

肌を整えきめ細やかな体は、彼に「触りたい」という衝動を湧き起こさせ、今までしゃべりすぎていたのであれば口数少なくなれば「本心が知りたい」という気持ちを生み出します。

色気を磨くことで、「すぐ関係を戻したい」という欲求につながるので、彼との距離を近づけやすくなるものです。

服装に抜け感を出す

不倫相手に振られても復縁までにやるべきことは、服装に抜け感を出すことで、あなたの未練を軽く見せることができます。

好きな人に振られた後というのは、気持ちも塞ぎ勝ちになり視野が狭く執着している気持ちが表情にも現れやすくなっているものです。

目つきは落ち込み、一点を集中し、思考が巡りにくい状態の時に、カッチリしたデザインや黒やグレーのダークカラーばかり着ていては、気持ちがさらに落ち込んでしまいやすくなります。

そんな状態では、彼が見たときにも「落ち込んでしまっているな」「しばらく話しかけないほうがよさそうだ」と思われてしまいがちです。

しかし、服装に抜け感を出すことで、不思議と気持ちも少し楽になっていきます。

襟元が少し開いた白いシャツ、デコルテを出すデザインのトップス、オフホワイトやベージュのふんわりシルエット、などを着ることで、周囲からの印象も「柔らかい」「明るい」というイメージを持たれるものです。

着ているあなた自身も「前を向かなきゃ」というポジティブになっていき、彼のいいところや、復縁するためには何をしていけばいいのか冷静に考えることができるようになります。

不倫関係での恋愛観を考え直す

振られた人と復縁したいのであれば、不倫関係での恋愛観を考え直すことは、あなたと彼が一緒にいることで、あなたにどんなメリットがあるのかを見つけることができるようになります。

不倫恋愛といえども、恋愛において人は判断力が低下し、好きな相手のことしか見えなくなってしまうものです。

相手に奥さんがいるからこそ、苦しい気持ちで既に胸がいっぱいになってしまい、「家庭がある人だけど彼さえいればいい」というのめり込んだ気持ちだけで支配されてしまいます。

しかし、彼と一緒にいることであなたが苦しい思いをするのであれば、それは彼も望んでいる姿ではありません。

不倫の恋愛観を見直すことで、あなたが自分自身を大切にすることができる状態になっていれば、優先順位も変わってきて時間の使い方も変わってくるはずです。

彼にのみ執着せずに、自分の人生を楽しみながら恋愛を楽しむことができる、という状況になれば家庭がある相手にとっても、罪悪感が少なくなり不倫恋愛をしていても、一緒にいる時間を楽しむことができます。

あなたの心を成長させることが、既婚者の相手にとっても不倫のしやすさとなり復縁することも難しくなくなるのです。

不倫相手との復縁方法。別れからの復縁成功までの失敗しない流れ

<step1>未練がないことを装って連絡をしない

不倫相手と復縁成功までの失敗しない流れの最初は、未練がないことを装って連絡をしないことです。

とにかく振られてすぐに連絡を取り合おうとすることは絶対NG。

彼も気持ちを整理しきれていない可能性が高く、振られてしまったあなたは感情的に言葉をぶつけてしまうことになってしまうからです。

復縁するためにも、二人きりで話ができるような状況になるまで、距離感を近づけ、状況を整えていかなければいけません。

振られた後に悩みが止まらないのは「連絡したいのにできない」というジレンマがあるからなのです。

何も連絡をしない、と心に強く決めることで、「今何をするべきか」を考えることができるようになります。

「連絡しないと決めたのだから、自分ができることをしよう」と気持ちを切り替えることができるということは、復縁に向けて行動を開始する第一歩ともなるのです。

相手の男性も、別れを告げて一切連絡がなくなったことで「やっぱりいざ離れてしまうと寂しいな」と感じてくれると同時に、別れた原因である気持ちの変化を整理することに集中することができます。

家庭がある身でありながら、恋愛をしていたという経験は、彼にとっても大きな印象を残しており、あなたの存在は心に強く残っているものです。

振られたばかりは、何もコンタクトを取らないことで、その存在の大きさに気づいてもらう時期となります。

<step2>仕事や用事のみで連絡を取るようになる

復縁相手と復縁成功までの失敗しない流れは、振られた相手と連絡を絶った後に、仕事や用事のみで連絡を取るようになることで、徐々にやりとりができる相手へと昇格していきます。

彼の気持ちの整理ができるまで最低3ヶ月は連絡をしない時期を続けましょう。

3ヶ月は長いと思うかもしれませんが、相手が既婚者だということで、不倫恋愛をしていた時期も、デートが頻繁ではなかったはずです。

1ヶ月程度連絡しないからといって、それは不倫恋愛だった二人にとって大した機関ではありません。

頻繁に会えない間柄だからこそ「連絡を取らなくなってしばらく時間が経つな」と実感することができるようになるのが、ようやく3ヶ月経過したくらいなのです。

それでも焦って「やり直したい」と言い始めてはいけません。

仕事や用事で短文のメッセージ程度のやり取りを行うことで、「久しぶりに連絡が入ってドキッとしたけど仕事だった」と一つのメッセージでも、少しの驚きと落胆の両方の感情を味わってもらうことができます。

用事であっても頻繁にやり取りをするわけではなく、最初に送ったメッセージからさらに2週間時間を空けましょう。

相手に「用事しか入ってこないけど、連絡が入ってくるとやっぱり気になる」という感情を芽生えさせることが目的です。

<step3>ポジティブに明るく誰にでも親切な姿をアピールする

不倫相手と復縁するために失敗しない流れで、連絡を少し取れるようになったら、同時期にあなたの変化をしている姿を見せるため、ポジティブに明るく誰にでも親切な姿をアピールすることで、目を引くことができます。

男の人はポジティブで明るい女性が大好きです。

いつまでも落ち込んでいる姿を想像していた彼にとって、明るく周囲の人に対して親切にしている姿を見ることで、「あんなに素敵な女性に好意を持ってもらっていたんだ」と過去の恋愛を嬉しく感じていきます。

あなたの周囲はいつも人が笑顔になっていて、行動すれば「ありがとう」と感謝されている姿を見ると、彼自身も話しかけることに抵抗がなくなるものです。

「元気そうだね」「素敵な女性になったね」と声をかけてきても、振られたことを蒸し返してはいけません。

「ありがとうございます」と笑顔で返すと、思わず彼もドキッとするはずです。

素敵な女性の笑顔を見ると、彼も過去のことは一度リセットして「もう少し話をしていたい」という気持ちになっていきます。

<step4>モテ女であることを見せて相手から触れたくなるようにする

不倫相手と復縁するために失敗しない流れの最後は、モテ女であることを見せて、相手から触れたくなるようにすることで、不倫関係の再開を狙うことができます。

モテ女とは、外見も内面も自分磨きをしている人であり、セクシーさを兼ね揃えていることで、周囲の男の人が関わりたいと思うような女性です。

少しだけ胸元が空いている服装や太ももが見えるスカートは、モテ女には欠かせない要素といえます。

クロスの法則で、右手で左の髪を耳にかけるなどの仕草も女性を美しく見せるものです。

あなたの周囲に復縁したい彼以外の男性が現れるようになると、「あれ、他の男に取られるかもしれない」と嫉妬心が芽生え始めます。

積極的に仕事を引き受けたり、気の利く差し入れをしたりと男の人からの人気を獲得することで、振られた不倫相手の関心も持ってもらえるようになるはずです。

その頃には、意中の男性とも話をできるようにまで関係を戻せているので、書類を渡すときに目の前に差し出してから目を見つめる、コーヒーを手渡しで渡す、など触れそうで触れない仕草を繰り返すことで、彼は思わずあなたに触れたくなる衝動を抑えきれなくなります。

復縁したい既婚者男性サインと心理とは?本気で復縁したい男の行動を確実に見極める極意

不倫相手と復縁する方法は絶対にしてはいけないことを心得ておこう

普通の恋愛と違って不倫相手との別れは、想像以上に心に未練を生み出すものです。

だからといって、周囲に分かりやすい行動をしていいものでもありません。

不倫関係は別れた後でも、周囲にバレないよう努力が必要なのです。

振られた相手と復縁したいのならば、絶対にしてはいけないことを心得ておくことで、彼との関係性を戻すことが出来るようになります。

不倫恋愛という価値観をもう一度冷静に考えてから、復縁に望むことで彼にとっても負担にならない交際が出来るはずですよ。

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

イケナイオトメは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG