既婚男性が嬉しいと思うバレンタインチョコ&プレゼント!迷惑にならない渡し方を不倫関係・片思いなど関係性別に徹底紹介!

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を「あなたの運勢」でお伝えいたしますね。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの不倫の結末や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

世の中のカップルがラブラブ度マックスになるバレンタインデー。

好きになった既婚男性にバレンタインチョコを渡そうかどうか、悩んでいる女性も多いものです。

結婚している人に対して、バレンタインのチョコをあげて喜んでもらうためには、彼にとって迷惑にならない方法を知っておく必要があります。

今回は、バレンタインチョコやプレゼントを既婚男性にとって迷惑にならない渡し方をご紹介しましょう。

あなたと好きな男性との関係性を、不倫関係と片思いという関係性別に徹底紹介するので、ぜひ参考にして、彼にとってもあなたにとっても、心に残るバレンタイデーを過ごしてくださいね。

不倫関係の人と愛が深まるサプライズや、片想いの彼が思わずあなたに惚れてしまう渡し方もお伝えするので、愛しのあの人の心をしっかりと掴みましょう。

目次

既婚男性にバレンタインチョコやプレゼントを送ったら迷惑?既婚者の男性が妻以外の女性からバレンタインを貰う際に感じる不安

甘いものが苦手だけど食べないと感想を聞かれるかもしれない

既婚男性がバレンタインにチョコをもらうと、「自分は甘いものが苦手だけど後から感想を聞かれるかもしれない」「食べてあげないと失礼になるな」と不安を抱えているものです。

男の人は甘いものが苦手だと感じている人は少なくありません。

バレンタインデーだからといって、張り切って想いを込めた分だけ大きくなったチョコを渡してしまうと、彼にとっては負担になっていることもあるのです。

明らかに大量生産されている義理チョコやウケ狙いの面白チョコであれば、家族とワイワイいいながら広げることもできますが、想いがこもっているチョコだとわかれば、自分が食べないわけにはいきません。

男性は自分が結婚していても、相手の女性が好意を持ってくれていると分かると、精一杯応えたいと思うものです。

もらったチョコを食べずにいた場合、後日渡してくれた女性から感想を聞かれた時、自分が答えることが出来ないという状況を想像すると「食べていないって答えて嫌われるのは嫌だな」と思ってしまいます。

好意を向けてくれている女性に対して、素直に嬉しいと思う反面、嫌われたくないという思いから苦手なチョコを前に食べようかどうしようか悩んでしまうものなのです。

妻に不倫をしていることがバレそう

本命チョコをくれた女性と不倫関係にある既婚男性の場合、もらったチョコをきっかけに妻に不倫をしていることがバレそうだと不安になります。

チョコレートは一度にたくさん食べてしまうと、歯が痛くなったり甘すぎて気持ち悪くなってしまったりと自分のために、よくありません。

そのため、チョコを受け取って少し食べると「残りは後から食べよう」と、荷物に忍ばせて残しておこうと考えるものなのです。

しかし、もらったチョコレートを残しておくということは、不倫をしている証拠を持ち歩いているということと同じことにもなります。

明らかに義理チョコとは思えないようなパッケージや手作りチョコの残りを奥さんに見られてしまった場合、不倫をしているということがバレてしまう可能性が極端に高くなってしまうはずです。

だからといって食べ物なので適当に放置しておく訳にもいかず、あちこち隠し場所を探したところで、結局自分の荷物の中に収まります。

「嫁に見つかりませんように」「どのタイミングで残りを食べよう」と家に帰ってからのことを考えると、もらって嬉しいはずのチョコの存在が疎ましく感じてきてしまうものなのです。

チョコを受け取ったら気持ちを受け取ったと勘違いされないか

片想いの女性からの告白とともにバレンタインチョコを渡された時、男性は「自分は既婚者だと知っているはずなのに、あの子が本命チョコをくれた」と喜ぶのも束の間で、チョコを受け取ったら相手からの気持ちを受け取ったと勘違いされないかと不安になってしまいます。

結婚しているかどうかに関わらず、男性はバレンタインというイベントの時にチョコをもらうことを自分のステータスと思っている人も少なくありません。

いかに自分が周囲の女性からモテるかということが、目で見てわかる通知表のようなものなので、もらって嬉しくない人はいないのです。

しかし、受け取った時点で相手の女性に対して好き・嫌いの感情はなく、ただ「好意を持ってくれている人がいる」ということが嬉しいと感じています。

そのため、時間が経って冷静になってから「うっかり受け取ってしまったけど、きちんと断らなくて良かったのだろうか?」「結婚しているって知っているはずだけど、どんな関係を望んでいるのだろう?」と相手の真意が分からず、受け取ったことを後悔し始めてしまうものです。

不倫恋愛に発展する気持ちがない人にとって、両思いだと勘違いされてしまうことは「今後の関係性を求められても困る」とどのタイミングで相手に伝えればいいのか分からなくなってしまい、一人でどうすればいいのか悩み始めます。

お返しをどうすればいいのか分からない

バレンタインデーというイベントの後には、男性から女性に気持ちを伝えるホワイトデーというイベントがあり、チョコを受け取ったことで相手の女性に対して、お返しをどうすればいいのか分からないと悩んでいる既婚男性がいます。

男の人は「女の人が喜ぶプレゼントは何を選べばいいのか分からない」と思っている人は多いものです。

性格によっても、行動範囲によっても好みは違い、ましてや女心がさっぱり分からない男の人にとって、女の人へのプレゼントは未知の世界だと感じてしまいます。

「バレンタインはチョコっていう分かりやすいものでいいけど、ホワイトデーってイマイチ何をプレゼントしたらいいのか分からない」と思っているものなのです。

一般的にマシュマロをお返しすると言われていますが、最近はコスメやハンカチなどお返しも多様化しており、ましてやマシュマロを渡すということ自体に意味が分からないと感じている人もいます。

「もらってしまったからには、お返しをしないといけない」という義務感が既婚男性の心に重くのしかかってしまうのです。

本命か義理か分からないから反応に困る

初めての相手からバレンタインチョコをもらった場合、女性の気持ちが本命か義理か分からないから反応に困ると思っている既婚男性も少なくありません。

「あの子、俺のこと好きなの?」「みんなに同じようにチョコあげているのかな?」と疑問に思っても、心のどこかで「自分だけ特別であってほしい」という思いがあるため、「これは義理チョコなの?」と聞いて「当たり前じゃないですか」という返答が来ることが怖いと感じてしまいます。

渡し方やチョコの種類でも本命か義理か分からないと感じるものもあるものです。

例えば、みんなに配っている義理チョコとほとんど同じだけど微妙に違うパッケージや中身、休憩室などで二人きりの時に義理チョコを渡すように渡されたシチュエーション、席を立っている時に机に忍ばしてあった場合、など「これは本命なの?」「たまたまそんな渡され方しただけなの?」と判断出来ないシチュエーションであれば、相手の女性に対して、お礼の言葉以外に何と声をかけたらいいのかわからなくなってしまいます。

「もっと分かりやすく渡して欲しい」というのが、相手の男性の本音なのです。

好きな人からもらったものは家族に食べられたくない

不倫関係にある人、また気になる女性からチョコを渡された場合、既婚男性は好きな人からもらったものは家族に食べられたくない、と思っています。

会社員にとってバレンタインは年に一度、愛する人からのチョコ含めたくさんの義理チョコをもらう特別な一日です。

甘いものが好きな家族にとっては、夫や父親がもらってくるチョコレートを心待ちにしている家族もいます。

「今日はバレンタインだから、たくさんもらってきてね」と、甘党の家族から念押しされてしまうこともあるものです。

しかし、不倫をしている既婚者の男性や気になる女性がいる男性にとっては相手からもらったチョコは誰にも渡したくないと思うものであり、例え家族であっても彼女の気持ちを踏みにじるようなことになると考えると誰にも食べられたくないと思います。

自分が甘いものが苦手であっても、もらったものは彼女の気持ちそのものであり、自分に向けられた好意だと思うと、食べてなくなることが惜しいとすら感じるのです。

どこかに隠しておきたい、と思う気持ちもあるため、家族に見つからない場所で食べたり、プレゼントを見られないようにしたりと、相手の想いを尊重するための行動をとっていきます。

【不倫関係編】既婚男性が嬉しいと思うバレンタインチョコ&プレゼント

手作りチョコ

不倫関係にある既婚男性が嬉しいと思うのは、やはり王道の「好きな人からの手作りチョコ」です。

同じチョコレートをもらうにしても、一手間加えることで、自分のことを想ってくれているという実感は大きく変わってきます。

トリュフやガトーショコラなど手の込んだスイーツでなくても、溶かして固めただけのチョコで、貰った方はとても嬉しい気持ちになるものです。

相手の女性も手作りでチョコを作っている間は、好きな人のことを考えながらキッチンに立っているので、チョコをもらう側の男性も、その“想ってくれている時間”を感じることができます。

「俺って愛されているな」「自分のためにここまでしてくれる人がいるってありがたいな」と感じることで、一生懸命準備をしてくれた彼女のことが愛しくて仕方がなくなるのです。

丁寧にラッピングされた箱も、愛情を伝えてくれようとしている姿勢も、どれをとっても嬉しいと感じる要素であり、胸がキュンとするに違いありません。

男性の好みを把握して、甘すぎないチョコにしてくれているところも、もらった男性はきちんと気がついてくれていて、「そんな気遣いもできて、やっぱりこの子カワイイな」と思っています。

その場で食べられるくらい少量

不倫関係にある既婚男性にとって、浮気相手の女性がその場で食べられるくらい少量のチョコをくれるというところは、とても女性のポイントが高くなるものです。

バレンタインチョコは、職場の人から義理チョコをもらうとしても、男性としては本命の彼女とは違う扱いをしたいもの。

大事に自分ひとりで食べたいと思いながらも、中身がたくさんあれば一気に食べきることは難しくなります。

しかも、持ち帰るとなってしまうと「家族に見つかったら怪しまれる」「義理チョコと一緒に勝手に食べられても困る」と悩みの種になってしまうのです。

その点、その場で食べられるくらい少量のチョコであれば、愛を囁きながら、感謝を伝えながらチョコを用意してくれた彼女の目の前で食べることができます。

空になった箱は、彼が処分してもいいし、チョコを渡した彼女が引き取ることで証拠を残さずに済むので既婚男性からは「デキる女」だと評価が高くなるものです。

目の前で空っぽにしてくれた箱を見るのは、渡した側からしてもとても嬉しいと感じることができます。

自分のイメージにピッタリなスタイリッシュなチョコ

男性は自分のイメージにピッタリなスタイリッシュなチョコをもらうと「俺のイメージってこんな感じか」と高評価を受けている気分になり、嬉しくなるものです。

女性は、愛情を伝えたいあまり、ハートのチョコを選んだり、ピンクや赤のラッピングを選んだりと、どうしても甘い仕上がりになってしまいます。

女性の一人暮らしの部屋が、ピンクやフリルがいっぱいあったり、バラやダマスクローズの柄があちこちに配置されていたりするように、女性にとって自分が手がけるものは、可愛く仕上げたくなってしまうものなのです。

逆に男性は、クールな印象やシンプルな仕上がりにしてスッキリと見せることが好きなように、あまり柄物が多いと「もっとクールにしたい」と思ってしまいます。

バレンタインに渡すチョコもビターチョコや黒やブラウンを基調としたラッピングをしていることで、「男の好みを分かってくれているな」と嬉しくなるのです。

愛情を伝えるためには、自分の気持ちを押し付けるよりも、いかに相手に寄り添うことができるかという部分を重要視するかで相手の印象が変わってきます。

喜んでもらうためには、彼が受け取った時の感情を想像して準備しましょう。

チョコ以外で攻める!ビジネス用ボールペン

バレンタインでもチョコ以外で攻めることで、既婚男性から喜びを得ることはできるもので、仕事でも常に身につけてもらえるビジネス用ボールペンは重宝してもらえるはずです。

ビジネス用ボールペンであれば、奥さんに見つかっても何も疑われることもなく、もし何か聞かれても「自分で買った」と答えやすいアイテムといえます。

ボールペンをいつも胸の内ポケットに忍ばせてもらえていると考えると、一緒にいるような気持ちになり、あなたも幸せな気持ちになることができるはずです。

また、ビジネス手帳用のボールペンであれば「私たちの予定もこれで書いてね」とプラスのラブワードを加えることもできます。

好きな人といつでも会えるわけではない不倫関係だからこそ、バレンタインというイベントをきっかけに、心の繋がりを感じるためのアイテム選びをしていきましょう。

男の人はチョコが苦手な人も多く、義理チョコも多くもらうためチョコに対する感動が薄くなっているとも言えます。

家族からのチョコレートに負けない“心の繋がりを感じることができるアイテム”で、不倫相手の彼と今まで以上に幸せな恋愛にしていきましょう。

【片思い編】既婚男性が嬉しいと思うバレンタインチョコ&プレゼント

特別感高まる他の人と差別化した高級なブランドチョコ

片想いの彼に贈るのであれば、特別感高まる他の人と差別化した高級なブランドチョコが喜ばれます。

義理チョコといえども、最近はその値段も中身も千差万別です。

高級ブランドも次々とチョコを販売しており、洋服メーカーまでもがチョコ戦略に参戦しています。

男性であれば好きな洋服ブランドの一つはあるものです。

まずは、彼の好きなメーカーからバレンタインチョコが販売されていないか確認してみましょう。

もし、見つからなくても誰もが知っている高級ブランドが販売しているバレンタインチョコを用意することで「あれ、俺だけ高級なやつだ」と気がついてくれるはずです。

必ず周囲の人に渡す義理チョコも、「自分は他の人と違う」と気づいてもらうため彼の目に留まるように渡します。

しかし、あからさまに片思いの既婚者男性にだけ高級ブランドのチョコを渡していると、周囲の人に知られてしまうことで、今後彼と恋愛に発展する可能性がなくなってしまうので、必ず彼以外には見られないように注意することです。

男の人は特別扱いを受けていると分かると、相手の女性のことを「自分のことをそんなに評価してくれる人はどんな人だろう」と興味を持ち始めます。

興味を持ってもらうところから、彼との心の距離を近づけることが始まるのです。

メッセージカード付きチョコ

片思いの既婚男性には、メッセージカード付きチョコをプレゼントすることで喜ばれるに違いありません。

結婚している彼にとって、誰かから想いを寄せられるということはとても貴重な体験であり、現実はどうであれ、嬉しいと感じるものです。

どんなきっかけで興味を持ったのか、普段どんな風に見てくれているのか、という要素が入っているメッセージカードであれば、他人からの高評価を目で見ることができるので、確実に喜んでくれます。

彼の自信を上げることが、興味を持ってもらうポイントです。

どんな仕事でも積極的に取り組む姿、困っている人を見かけたら放っておけない姿、緊張している人を見かけると笑顔で話しかけて心を楽にしてあげている姿、目標に向かって努力している姿、など好きになったからこそ見えてくる彼のいいところをしっかりと文字で表現しましょう。

彼がそのメッセージカードを嬉しいと思ってくれたなら、ビジネスデスクの中にしまってくれるなど保管してくれるはずです。

あからさまな告白でなければ、既婚者の彼にとって迷惑になることはありません。

「突然このようなメッセージ失礼します」や「メッセージカードは破棄してもらって大丈夫です」と文の中に書いてあれば、結婚している彼の迷惑にならないよう配慮していると思ってくれ、あなたに対しても好印象となります。

二人きりの時にそっと渡される一粒ハートチョコ

片思いの既婚男性に喜んでもらいたいなら、二人きりの時にそっと渡される一粒ハートチョコでドキッとしてもらいましょう。

一粒であれば簡単なラッピングで構わないので、口に入れてしまうまで数秒もかかりません。

二人きりの空間でハートのチョコを渡すという行為だけでも、嬉しいと感じている既婚者の男性に対して「誰かに見られる前に早く口に入れちゃってください」と少し急かしてみることで、彼と一緒にスリルを味わうことができます。

ただ、一粒のチョコを食べるというなんでもない行為でさえ、スリルが加わることで「いけないことをしている気がする」「ドキドキする」という気持ちが生まれ、心理学で言う吊り橋効果が発動するのです。

スリルを共有し、ドキドキする体験を一緒にすることで、相手の男性は一緒にいる相手に対して「好きかもしれない」という気持ちが芽生えます。

ハート型のチョコは「私の気持ちです」というだけで、明らかに義理チョコとは違うと気が付いてもらうことができるはずです。

小さな仕掛けでドキドキを一緒に体験しましょう。

気遣いが嬉しい栄養ドリンク

既婚者男性に片思いをしているのであれば、あえてバレンタインというイベントで「気遣いが嬉しい」と感じてもらえる栄養ドリンクをプレゼントしましょう。

片思いをしている最中であれば、愛情ばかりを伝えても彼がどんな反応をするのかまだ手探り状態です。

ならば、確実に喜んでもらえるものから彼の心を少しずつあなた色に染めていきましょう。

栄養ドリンクは、働く男であれば一度は飲んだことがあるものです。

「ここぞ!という時に疲れた顔を見せられない」「まだまだやることがあるのに、体がついていかない」と感じている男の人にこそ、栄養ドリンクにリボンをつけて「ハッピーバレンタイン」と渡すことで、彼に喜んでもらえます。

働く男は孤独との戦いです。

大事な時ほど、周囲のことが目に入らなくなるほど一生懸命になっていきます。

そんな時に、自分の頑張りを見てくれている人がいる、背中を押してくれる人がいる、と分かるだけでも心に癒しの時間が芽生えるものです。

「いつから見てくれていたのかな」「チョコも嬉しいけど、栄養ドリンクのプレゼントなんて機転が利いていて面白い」と思うことから、あなたへの興味関心が湧いて止まらなくなります。

【不倫関係編】既婚男性に迷惑にならないバレンタインチョコ&プレゼントの渡し方や愛がグッと深まるサプライズ

チョコにメッセージを書き込んだ手作りチョコ

不倫関係にある既婚男性にあげるなら、チョコにメッセージを書き込んだ手作りチョコをあげることで、メッセージカードという証拠を残さないようにできるため、迷惑にならない上に相手に喜んでもらえます。

不倫をしていて悩みの種となる事は、イベント事でプレゼントを渡した時の痕跡をいかに残さずに過ごせるかです。

何かをプレゼントする時には、必ず外箱やラッピング袋などの外装やメッセージカードの処分に困ってしまいます。

バレンタインであれば、目の前で開封してもらえば外装は彼女が持ち帰ることもできますが、メッセージは贈った相手に受け取ってもらいたいものです。

そこで、手作りしたチョコそのものにメッセージを書き込んでおけば、彼はメッセージを受け取ることもできるし、食べてしまえば証拠も残りません。

既婚者の男性としても、好きな人からもらったメッセージカードを捨てるというのは、いくら証拠隠滅のためでも心苦しいものです。

しかし、最初からそこまで配慮してくれているチョコをもらうことで「とことん愛されているな」と感じることができます。

皆が居る前では義理チョコを渡して二人きりの時に本命チョコを渡す

結婚している人であれば「貰うチョコは当然義理チョコ」という周囲の反応と同じように、皆が居る前では義理チョコを渡して、それだけで終わりだと一旦思わせておいてから、二人きりの時に本命のチョコを渡すという方法は、彼のハートを鷲掴みにします。

皆と共に義理チョコを渡した時点で、不倫相手の彼女からチョコを貰ってしまうので、彼の方も受け取りながら「まぁ自分は既婚者だし、普通そうだよな」とバレンタインのイベントを終了したと思わせておいて、実は特別に用意しているというプチサプライズです。

一旦落ち込ませてからの喜びという演出は、喜びを何倍にも膨らませてくれます。

二人きりの時の本命チョコは、後日でも大丈夫です。

バレンタインという当日を、義理チョコだけで終わらせてしまうことで、彼の中でイベントの終了を認識しやすくなります。

イベントというのは当日が過ぎてしまえば、すっかり過ぎ去ったものとして忘れてしまうもの。

遅れて「本命チョコ」を渡すことで、サプライズ感が大きくなり、とても嬉しいという気持ちから愛しさへと移行します。

「この演出のためにわざわざ二つも準備してくれたの?!」という驚きが、愛情を深めてくれるはずです。

バレンタインの次の日にデートの約束をしておいて当日渡す

不倫をしている二人であれば、バレンタイン当日に会えないという事も珍しくないので、バレンタインの次の日にデートの約束をしておいて当日渡す、という方法で愛情が深まります。

会いたいときに会えない二人だからこそ、バレンタイン当日ではなく次の日に約束をすることで既婚者の彼は「彼女からその日にチョコもらえるな」と心の準備をすっかりしてしまうものです。

しかし、当日にひょっこり現れてバレンタイン当日にチョコを渡すことで、不意打ちをすることになり、貰えないと思っていた日に好きな人からもらえるプレゼントは、特別感がプラスされます。

人は突然の出来事が起こることで感情が大きく動かされるものです。

感情の起伏が大きいほど、強く印象に残ります。

ずっと記憶に残るバレンタインプレゼントの渡し方になるだけでなく、感情が揺さぶられたことにより愛情にも大きく変化が訪れるはずです。

「こんなこと考えてくれる子だったんだ」「喜ばそうとしてくれていることが嬉しい」「可愛すぎてずっと一緒にいたい」という感情が生まれてくるため、ラブラブ度が今まで以上に高まります。

フルコースの食事を予約して支払いも済ませておく

不倫をしていても、男性がいつもデート代を支払いしてくれている場合、フルコースディナーの食事を予約して支払いも先に済ませておくデートプランを実行することで、彼の愛がグッと深まります。

しかもこのプランの素晴らしいところは、フルコースという贅沢なディナーをして支払いが嵩張っても、彼のクレジットカードや現金にデメリットがないという点です。

不倫をしているとよほど裕福な男性でない限り、デート代の問題は付いて回るもの。

家庭を持っている彼にとって、あまりに出費がかさむデートはなるべくしたくないと思っているはずです。

食事をしても家計を圧迫しない程度に抑えておかなければ、すぐに奥さんにバレてしまいます。

バレンタインデートで彼女から奮発したフルコースディナーをご馳走になることで、デートの価値がお値段以上になるのです。

優しい男性ほど、普段から「彼女のために何でもしてあげるけど、彼女からして欲しいと思うことはない」と言っては、彼女の負担にならないように気遣っています。

彼がして欲しいことを言わないということは、彼女が何をしても彼は喜んでくれるということなのです。

彼のために計画し、お金を準備し、予約してプランを立ててくれているという事実だけで、彼はものすごく幸せに感じています。

【片思い編】既婚男性に迷惑にならないバレンタインチョコ&プレゼントの渡し方や彼があなたに思わず惚れてしまう方法

チョコにシークレットメッセージ

片思いをしている既婚男性に、迷惑にならない方法を考えることは、とても重要であるため、バレンタインチョコにシークレットメッセージを入れることで、かなり気の利いたプレゼントとなるはずです。

チョコにシークレットメッセージを入れるという方法は、一見義理チョコに見えるため、とても渡し易くもあり、メッセージカードという後々まで残るモノがないので、彼の反応を見るためにも非常に使いやすい方法といえます。

やり方はとても簡単。

一般に販売されているチョコでOKですが、アルミなどで個装されているチョコを義理チョコとして選びます。

そして、個装の外側から爪楊枝でチョコに傷つけるようにメッセージを書き込みましょう。

見た目が普通の義理チョコなので「チョコレートをしっかり見てくださいね」「メッセージ探してくださいね」など一言加えて渡すことで、彼の心をドキッとさせることができます。

彼が「メッセージって言っていたけどカードなんてないけど」と探している時には、宝探しをしているかのような気持ちを味わうことができるはずです。

個装を開けた時にメッセージを見つけた時には、宝物を見つけた喜びと粋な演出の種を見つけた嬉しさでメッセージの内容が何倍にもなって受け取れるようになっています。

とっておきの義理チョコにメッセージは言葉を添える

片想いの彼と言っても、相手は既婚者であり、想いを伝える方法で証拠を残すわけにはいかないので、とっておきの義理チョコにメッセージは言葉を添えることで彼の家庭への配慮を最大限することができます。

大事なことは言葉で伝えたほうが、やはり相手の気持ちに突き刺さるものです。

今はまだ恋愛関係になっていない間柄だからこそ、彼へ伝える告白の言葉はささやかなものであっても、重みがあります。

しかし好意を伝えたい一心で、彼の奥さんから敵意を向けられたのでは恋愛関係に発展するどころか、監視の目が光って彼に近づくこともできません。

義理チョコを渡すことで、家に持って帰っても変に勘繰られることもないプレゼントでありながら、想いはきちんと言葉で伝えることでまっすぐ彼の心に届けることができます。

職場からもらった義理チョコを家族と分けて食べているときでも、彼の頭の中にはあなたからの告白の言葉が繰り返されるはずです。

心のこもった言葉は彼の記憶に残るため、後からジワジワとあなたへの関心が高まっていきます。

お酒入りのチョコを渡して「今度私を酔わせてください」と笑顔で伝える

片想いの既婚者には少々冗談っぽい方が相手に気持ちを伝えやすいことということもあり、お酒入りのチョコを渡して「これでいい気持ちになってください、そして今度私を酔わせてくださいね」と笑顔で伝えることで、いたずら交じりのシャレた告白をすることができます。

お酒の席で同じことを言ってしまうと、割り切った関係だと思われやすく、セフレになってしまう可能性もあるものです。

しかし、バレンタインチョコを渡す時というのは、お酒の席とは違います。

素面(しらふ)の状態で「私を酔わせて」なんて言われたら、男の人はキュンとするもの。

「いや俺はこんなチョコでは酔わないよ」と照れ隠しをしながら、今度お酒に誘ってみようと先のことを考え始めてくれます。

二人で会うチャンスを相手から考えてくれるようになってくれるだけでも、あなたとの恋愛に発展する可能性が広がるはずです。

実際、お酒を飲みに行くことを誘われても、先に「私軽い女じゃないですよ」「好きな人の前でしか酔えないです」など彼のことを本気で好きだということを事前に知らせておきましょう。

彼がお気に入りのコーヒー

片想いの彼にあなたが気遣いをしていることを気づいてもらうためには、彼がお気に入りのコーヒーをプレゼントしましょう。

コーヒーブレイクをするタイミングで、お茶菓子程度のチョコレートを差し出すのも、粋な計らいです。

バレンタインというイベントもお構いなしに働いている男性は多いもの。

ましてや結婚している彼にとって、バレンタインというイベントは興味を失っています。

そんな時に「そういえばバレンタインだったな」と思い出してもらうことが出来る方法でもあるのです。

ホッと一息つく時に、彼のお気に入りのコーヒーが目の前に出てきたら、「なんて優しいんだ」と彼は感心してくれます。

コーヒーとともに一つのチョコレートが置いてあるだけで、オシャレでありながら後から思い出すほど印象に残る演出をすることができるものなのです。

ただイベントに乗っかっているだけでなく「大切な人が倒れたら困るので少し休憩してくださいね」「頑張っている姿も好きですけど無理しないでくださいね」とさりげなく好意を伝えることで、彼の頭の中でその言葉が忘れられなくなります。

バレンタインという日は既婚者の彼に好意を伝えるだけで、あなたに関心を持ってもらうことから恋愛に発展できる未来へと繋がっていくのです。

【彼の本気度UP!】不倫相手が惚れ直すプレゼントを完全紹介!奥さんにバレずに彼の心をグッと掴む方法も伝授!

既婚男性が嬉しいと思うバレンタインチョコを計画しよう

不倫関係にあっても片思いであっても、相手が既婚男性だということで最低限の配慮が必要です。

彼に迷惑にならないよう、尚且つ印象に残るためには、彼が嬉しいと思うバレンタインチョコを計画することで彼との関係を発展させていくことができます。

感情を揺さぶり、記憶に残る一日を演出しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

イケナイオトメは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG