40代既婚女性でも「かわいい!」と言われモテる魅力的なアラフォー女性の特徴!男が不倫したくなる40代既婚女性とは?

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードでお伝えいたしますね。

男性からの好意を感じながらも「私はもう既婚者の40代だし、モテるわけがないわよ」と女性として魅力がない、と彼の行動を勘違い扱いしているあなた。

実は、40代既婚女性ってモテるということを知っていますか?

40代の既婚女性がなぜモテるのか、その理由を知ることで、好意を寄せてくれている男性の心理を知ることができますよ。

また、今後不倫をして恋愛を楽しもうと思っている女性は、40代既婚女性でも男を落とす魅力的な魔性の女の行動や態度を実行することで、気になる彼と不倫関係になることも夢ではありません。

時には夫のことを忘れて恋愛のドキドキで女を生きることで、より魅力的な女性になっていくことができます。

女を磨いて、男が不倫したくなる40代既婚女性になりましょう。

目次

40代既婚女性がモテる理由って?

どんな自分でいたいかという理想の姿が明確に分かっている

社会に出てたくさんの人間関係に揉まれているうちに、「こんな風に生きていきたい」「理想の女性を目指したい」と、女としてどう自分を生きていくのか、様々な経験から学んでいくことになります。

40代にもなると、結婚という大きな決断も経験し、出産も経験して人生の大きなイベントを体験したことで、人生観が大きく変化し、また自分というものに対しても基盤が整えられているものです。

経験値を積んだことで、どんな自分でいたいのかという理想の姿が明確に分かっています。

かっこいい系、かわいい系、ナチュラル系、など思い描く姿になれるよう、自分を維持させることができる方法を知っているのです。

メイクの方法や服装、小物や言葉使いで、客観的に自分を観察することができます。

ファッションや小物を購入する店も固定されて、統一感のある全体像を作ることができるようになっているものです。

20代はまだ自分らしさを探っている最中で、30代は結婚や出産、育児などでライフスタイルが大きく変化することが多く、自分に時間をかける余裕がなかなかありません。

40代に入ることでようやく自分に時間とお金をかけることができるので、自分らしさを存分に表現することができるのです。

恥ずかしいことをしたくないからよく見られるように装う

40代になると、社会の中でも中年の区域に入り始めています。

初々しい社会人からはベテランと見られ、社会と人生の先輩として見本として見られるようになるものです。

会社の中でも若者から、「あの人がこんな風にしているからそうしよう」と自然と見習われています。

そんな風に周囲の人から見られていることも自覚している40代既婚女性は、恥ずかしいことをしてはいけないという責任感が出てくるものです。

恥ずかしいことをしたくないから、少しでもお手本になるように、よく見られるように振舞うことができます。

若者のように「それは自分らしくないからできない」と拒否することもなく、自分の考えと違うことであっても、その場の空気を見て動くことができるものなのです。

世間の常識も、色々な考え方を持っている人がいるということも理解しているので、その場に合ったことを咄嗟に求められるまま行動することができます。

そのおかげで、波風を立てることなく誰もが穏やかに過ごすことができる空間を維持することができるのです。

男にモテる方法を知っている

40年生きていると、どんな男性がどんな女性を好みなのかということを学んできています。

男性は恋愛に関してのアプローチや行動がとても分かりやすいので、自分の経験談だけでなく友達の経験談も自分のこととして知識に積み重なっているのです。

友達も結婚しているので、夫との夫婦生活を話し合ううちに、様々な家庭パターンも知ることとなります。

女性は、生きているだけで、自然に恋愛知識が豊富になっていくものなのです。

すると、自分の中には男性の恋愛パターンがたくさん入っているので、男にモテる方法が
頭の中に入っています。

結婚しているという実績から、自分の恋愛の勝ちパターンも経験済みです。

また、必死に恋愛をしなければいけない理由もないため、心の余裕が生まれ、誰に対してもモテる方法を活用して接することができます。

自分を魅力的に見せる方法を試すけれども、その後恋愛に発展する心配をしていないからこそ、のびのびと接することができるものなのです。

そして、既婚者だからこそエッチできないという大前提が、尚更男心をくすぐります。

「結婚していなかったら付き合いたかった」と言われる立場で、一歩引いて気持ちの変化を観察することができるのです。

恋愛経験と結婚経験を組み合わせて男性心理を理解している

40代既婚女性は、独身時代の恋愛経験と結婚経験を組み合わせて男性心理を理解しているものです。

そのため、男性が恋愛の時にどんな心理で女性と過ごそうとしているのか、本当に安心している時にはどんな状態なのか、表裏なく知ることができています。

男の人は恋愛中、どうしても彼女にかっこいい姿を見せようと努力するはずです。

そのため、独身の男女ではお互いのいいところしか見えていないことになります。

しかし、結婚生活を経験している女性にとっては、男の人がかっこいい面ばかりではないことをよく知っているのです。

既婚者の女性は、男の人の“カッコ悪いところがかっこいい”という姿を知っています。

オシャレでスマートに決めている時よりも、汗水流して大切な人のために努力する姿の方が何十倍もカッコイイことを知っているものなのです。

そのため、社会の男性が、今どんなことに向かって頑張っているのかが手に取るように分かるようになっています。

いい格好をしたい、と背伸びをしている姿すらも微笑ましいと感じるのです。

男性心理を知っていることで、男性が多く語らずとも気持ちを先読みすることができるので、困っていることをサポートしやすい面を持っています。

子育ての経験で器が大きくなっている

多くの女性は20代30代で結婚して出産を経験しています。

多くの男性が勘違いをしていますが、女性は子供を産むことで自動的に母親になれるわけではありません。

出産をしたその日から手探りで子育てを毎日欠かさずしているからこそ、母親になっていくことができるものなのです。

休みのない子育ての経験で、人間としても女性としても器が大きくなっています。

寝る時間も削って自分以外の人間のことをしていると、理不尽だと感じることも、自分だけが辛いと感じることもあるものです。

それでも子育てに休憩はありません。

子供とともに成長していくことで、多少のことでは怒ることがなくなっていくのです。

特に夫が家事や育児に協力してくれない夫婦だと、「男の人に期待をするよりも自分が動いたほうが早い」という学びをしています。

そのためフットワーク軽く人の面倒を見ることができるようになるのです。

人の目や失敗を恐れて萎縮していた独身時代よりも、人に迷惑をかけることも助け合うことも経験しているからこそ、大らかな気持ちで物事に取り組むことができます。

40代既婚女性でも男性に「かわいい!」と言われる女性の特徴

あどけない表情を見せる

40代既婚女性はたくさんの経験をしているため、精神的にかなり充実しています。

しかし、傍から見れば経験値を計り知ることはできません。

あどけない表情を見せる女性は、男性から「かわいい!」と言われます。

「そんな表情しても不自然になるはず」と思っている人、安心してください。

実は40代の既婚者女性が天然のようなあどけない表情をする場合、相手の反応を予想してわざとしている場合も少なくありません。

男性が好む表情だと知っているのです。

驚くシーンでわざと大きなリアクションをして驚いたり、理解できなかったことを表情全体使って不思議がったりと、オーバーに表現することでコミュニケーションを円滑にすることができる、ということを知っています。

または、ずっとそうしてきたことで男性を虜にしてきたという経験があるはずです。

わざと幼い表情をしても、経験がわざとらしさを消してくれます。

目の前の女性がふいに見せるあどけない表情は、大人の女性の印象を一瞬で崩し、男性から「カワイイ!」と思わせる行動へと変わるのです。

失敗を笑って話せる

大人の女性は心に余裕があり、人の失敗を責めるようなことはしません。

失敗を笑って話せる女性の姿を見たとき「かわいい!」という気持ちを誘います。

同時に「さすが!」という気持ちも湧き上がるので、もっと話を聞きたいという思いに駆られるものです。

失敗談というのは、誰しも人に話したいものではありません。

特に男性は、失敗したことは自分の汚点として隠しておきたいという心理が働きます。

しかし、たくさんの経験から「失敗するから成功がある」ということを学んでいる女性だからこそ、失敗談は恥ずかしいことではなく、経験の一つとして笑って話すことができるのです。

周囲の人からすると、驚くような失敗も、あっけらかんと笑いながら話す姿は、傷ついた経験を乗り越えた強さを感じることもできます。

悲しみや苦しみを乗り越えた経験は、男の人に“健気な姿”として映るため、「守りたい」「愛しい」という感情を生み出すものです。

また、男の人は女の人の小さな失敗がとても可愛く感じます。

過去の失敗談として「私よく道間違えちゃうから気がついたら違うところにいることが良くあったのよ」「おっちょこちょいだから、出勤途中にこけちゃって心配かけちゃった」という話を笑いながらすることで、男の人は「かわいい!」とつい思ってしまうのです。

上手に男性を頼る

男の人はいつでも頼られたいという願望を持っているもの。

40代であっても、女性に頼られると男の人はとても嬉しいと感じます。

上手に男性を頼ることで、自分のことを必要とされていると感じる男の人は相手の女性を「可愛い」と思うのです。

男の人は頼られると嬉しい、ということも40代の女性であれば脳の中にインプットされています。

そのため、とても上手に頼るタイミングを見つけることができるものなのです。

力が必要な場面、率先して男性に意見を言って欲しい場面、食事に連れて行って欲しい時、など男性を立てながら頼ることで甘え上手になります。

頼れることで、男の人は自分の役目ややるべきことが明確になり、行動するだけで褒められることをすることができるのです。

「男の子とよくわかっているな」と感心しながらも、頼られると嬉しいので、計画的に頼られたとしても「かわいいやつめ」と感じます。

年齢を重ねることで、甘えることも上手にできるようになっているので、「お腹すいちゃった!食べさせてほしいな」と言葉にすることが出来るようになっているものです。

「仕方がないな」と言いながらも、内心とても喜んで食事に連れて行ってくれます。

夫以外の男性に恥じらいがある

結婚をしてから、異性との出会いは極端に減るものです。

周囲も既婚者ということで親しげにしてはいけないという遠慮が働くので、一定の距離感を持つように接しています。

そのため、夫以外の男性に恥じらいがある女性へと変化していくものです。

結婚期間が長くなるほど、夫以外の異性と話をする期間が空いていくことになるので、どう接していいのか分からなくなります。

独身の頃は、どんなタイプの男性とも差し障りなく会話が出来るタイプであっても、結婚をして男性から遠ざかることで、夫に似たタイプでなければ話すことに恥ずかしいという感情を持つようになっているのです。

相手の反応を見つつ、敬語で「どう・・・されますか?」と伺う姿は、とても守ってあげたくなる姿に見えます。

かわいい!と思わず心の距離感を近づけたくなるのです。

緊張して、恥ずかしがっている表情を「笑顔にしたい」と、男の人は俄然やる気が湧いてきます。

逆に「この人は異性としてみれない…」と男性の恋愛対象外になってしまう残念40代既婚女性の特徴

いつもすっぴんで髪を束ねているだけ

旦那がいて子供がいる40代既婚女性は、安泰という言葉が付きまとっています。

異性としてモテる必要がなく、子供という大切な存在も手にすることができた女性は、他の異性を意識することに価値を感じていません。

家に帰れば夫が家にいるので、愛される努力をしなくても夫から愛され続けると信じているのです。

愛される努力をしなくなった女性は、いつもすっぴんで美容に手をかけていないことも珍しくありません。

髪型もいつも同じで、髪を手グシで束ねているだけ、という状況の人も多いものです。

「キレイにしよう」という意識がなければ、どれだけ元がキレイな人であってもとても残念な見た目になってしまいます。

結婚をして女を捨てたと感じる人に、異性としての魅力を感じる人はいません。

メイクをしないことで、肌はどんどん衰えシミやシワが目立つようになります。

年齢以上の老け顔になっても、気にかけていない様子を見ると、「頼むから自分のことに時間をかけて欲しい」と願うものです。

男性は何歳になっても、美しくあろうと努力する姿が見られる女性が好きであり、美に対して努力をしない人を見ると「女を捨てた」と判断するので、当然恋愛対象になるはずがありません。

言葉遣いが乱暴でがさつ

何歳であっても女性の言葉遣いに男性は敏感です。

若い頃は「世間知らず」で済んでいた問題であっても、年齢を重ねても直っていない言葉遣いはただの嫌悪感へと変わります。

言葉遣いが乱暴で、何をやってもがさつな人は、残念ながら恋愛対象にはなることができません。

他人に対して「あんた」や「おまえ」という人は問題外です。

他人に対しての言葉遣いが悪いと、家の中ではもっと悲惨な状況だということを嫌でも想像してしまいます。

“表向き”の自分を作ることができない人に、人の繊細な気持ちの変化を見抜く力はないと判断されるものです。

その結果、当然相談事はしたくない、秘密は知られたくない、自分の気持ちを明かしたくない、という心理になり、距離を置きたくなります。

出来るだけ関わらないようにすることで、トラブルになることを回避しようと防衛本能が働くのです。

誰しも傷つきたくない、という気持ちがあるので、がさつな人と関わることで傷つけられることを避けようと動くようになるため、恋愛になることはありません。

40代に入っても言葉遣いが悪い女性は、人の心が分からない、常識がない、という判断をされる基準として見られています。

メイクが濃くて服装が古い

女性は結婚、出産、育児を通して、目の前のことを一生懸命過ごしているうち、メイクの流行を追うことや新しい服を買う余裕がなくなってしまうものです。

記憶の中のメイクは20代毎日していた慣れたメイク方法。

雰囲気や表情、体型が変わっても、自分の中では変化を感じにくく、今まで通りの自分でも疑問を持ちません。

しかし、時間の経過と経験値の豊富さで、女性の雰囲気は大きく変わっています。

過去のメイクや服装では、全く似合わなくなっていることも珍しくありません。

若い頃には似合っていた濃いピンクのメイクやミニスカートなど古い服装は、女性の魅力をあげるどころか、逆に「イタイ」と思われてしまうものです。

年齢に応じたメイクや服装は、自分のことをしっかり観察していないと難しく、大忙しの30代を乗り越えた40代女性が似合う格好をしようと思うと、美意識を上げていく必要があります。

美意識をあげるところに気がつかないままでいることで、残念な40代に突入してしまい、とても恋愛対象には見られない女性へとなってしまうのです。

男の人に対して上から目線

夫との結婚生活で、男の人のことを見下してしまう残念な女性がいます。

他人であっても「男は使えない」「頼りにならない」と決めつけることで、横柄な態度で他人に対して接してしまうのです。

男の人に対して上から目線で会話をする40代既婚女性は、まさに嫌われてしまう対象でしかありません。

男の人だけでなく女性からも「あの人なんであんなに偉そうなの?」「何様だと思っているの?」と陰口を言われてしまう原因となります。

「これだから男は」が口癖になっている女性は、夫への不満が相当溜まっている証拠。

家庭での不満を社会でも同じようにしか見ることができず、他人のいいところを見つけることができません。

そのおかげで他人とのコミュニケーションがスムーズにできず、注意をしてくれる人もいなくなってしまうため、孤立して嫌われてしまうのです。

当然恋愛対象になるはずがなく、恋愛のきっかけどころか、孤立している寂しさをまた家庭に持ち帰って家で不満をぶつけるため、家庭内でも不穏な空気が流れてしまいます。

家庭がうまくいっていない女性からは、華やかなオーラが放たれないため、女性としての魅力も大きく損なわれてしまうものなのです。

常に愚痴っぽい

残念な40代既婚女性の中でも、ため息が出てしまうほど残念な人は、常に愚痴っぽい人です。

幸せな気持ちで満たされていないことが原因で、目に映る全てに対して不満が生まれます。

人の粗探しばかりをしているため、他の人が見て何も問題がないことであっても「○○が嫌な感じ」「誰が喜ぶのかわからない」など、愚痴ばかりが口をついて出てくるのです。

この世の全てのものは、誰かが誰かの為に考えて動いた結果でできています。

思いやりの連鎖がこの社会を作っているのです。

しかし、人の粗探しばかりしていると、人の思いやりに気がつくことがなく“自分にとってどうか”、“ダメなところがある”という部分しか、目が向かなたいためいつまで経っても満たされることはありません。

愚痴っぽい発言、ネガティブな発想ばかり聞かされると、周囲の人も空気が悪くなり、頑張ろうという気力がなくなってしまいます。

「頑張ってもどうせダメ出しされる」と思ってしまうことで、自信を失い、いいパフォーマンスをすることができないのです。

男性も恋愛対象として見ることはなく、できるだけ関わらないように距離を置いていきます。

既婚女性に惚れた!40代既婚女性でも男を落とす魅力的な魔性の女の行動や態度

気遣い上手で率先して労いを伝える

大人の余裕を感じざるを得ない気遣い上手は、鉄板のモテ女。

気遣い上手で率先して男性に労いの言葉をかけて、感謝を伝える女性は既婚者であってもとても魅力的です。

結婚しているからこそ、人の影の努力に気がつく場面も多く、プロジェクトの成功も業務の一段落したことも、「人知れず動いていた彼がいるからこそ」だと見抜く力があります。

誰も気がついていなくても「頑張っていたね、お疲れ様でした」といち早く労いを言われると、誰にも言わないつもりだった努力が一気に報われて、心がとても満たされるのです。

「頑張って良かった」「見てくれる人がいるんだな」と思うことで、仕事の全てが無駄ではないと感じることができます。

「こんな女性と結婚している旦那さんは幸せだな」と思うことがきっかけで、既婚者であっても関係なく心奪われていくものです。

気遣い上手な女性と一緒にいると、もっと誰かの為に頑張ろうと思うことができ、人に優しくすることができます。

彼女の優しさで疲れも吹き飛び、「今度はこの女性が困っていたら助けてあげたい」と思うので、急速に距離が近づいていくのです。

状況に応じた差し入れをする

既婚者の余裕は、狙わなくても人の求めていることを提供することができるところに出てきます。

子育てを通して、言葉もままならない相手が何を望んでいるかを常に考えて行動しているうちに得ることができた能力だとも言えるものです。

また、共働きの夫婦であれば、時間との葛藤で、自分のことをしながら家族の望むことを先回りして行うことで時間短縮にもつながるため、自然に強化されていきます。

状況に応じた差し入れをすることは、40代既婚女性であれば、無意識にでもしてしまうようなことですが、周囲の人からすれば本当に気が利くことであり、ありがたいと感謝される出来事です。

寒い日の現場に温かいシチューやホットコーヒーを差し入れすることは、出来た女と高評価になります。

暑い日はキンキンに冷えたおしぼりやレモンスカッシュなどを差し入れすることで、屋内であってもとても嬉しくテンションが上がるものです。

常に周囲の人が望むことを先回りしてすることが出来る女性は、いつも感謝しているうちにとても女性として素晴らしい人だと認識するので、既婚者であっても惚れてしまう魅力ある女性といえます。

男としての魅力を長所として本人に伝えることができる

社会に出ている男性は、常に認められたい、褒められたい、という承認欲求を持っています。

しかし、その欲求を満たしてくれるものは、会社の評価でしかありません。

仕事はやるべきことが出来ているか、率先して改革を起こせているか、問題定義ができているか、など評価されるためにはある程度の基準を満たしている必要があります。

一方男性が本能として求めているのは、基準値を満たしている評価ではなく“出来る男”かどうかという点です。

社会人として、男性が求められることが出来ているか、異性として魅力があるか、というところをジャッジして欲しいと思っています。

しかし、社会の中でそんな評価をする場面はありません。

人はなかなか褒めてくれず、フラストレーションばかりが溜まってしまうものです。

そんな中、自分の男としての魅力を“長所”として本人に伝えることができる女性がいれば、非常にモチベーションが上がります。

「いつも率先してみんなを引っ張ってくれるから頼もしい」「困ったときにはいつもサポートしてくれるから安心できる」など、男性のどんな部分が長所でどういいと感じているのか、具体的に伝えることで、男の人にとってはこれ以上ない通知表となるのです。

自分のことを受け入れてくれる女性のことを好きになってしまうのは、本能と言えるべき反応といえます。

感謝をする時にさっと握手をする

既婚者の女性と触れ合う機会というのは、そうあるものではありません。

気軽に触れるのは旦那さんに申し訳ないと誰もが思うので、肩に手を乗せたり、背中を叩いたりといったコミュニケーションの一部と見られる行動も、遠慮してなかなかできないものです。

しかし、ふとしたタイミングで「ありがとう!」と感謝をする時にさっと握手を求めてくる女性であれば、相手の男性も思わず手を出して自然に握手をすることになります。

これは心理学でいう返報性の法則というものです。

相手の好意に対して、好意を返そうとする心理が働きます。

片手を差し出されたら、同じように片手を差し出し、無意識に握手ができるのです。

しかし、ボディタッチに変わりはなく、普段全く触れ合うことのない女性と、不意打ちでボディタッチをした男性は一気に相手の女性のことを意識します。

ドキッとした心の乱れを好意と感じ、一瞬にして恋に落ちるものです。

結婚していてもいい!男が不倫でもお付き合いしたいと思う40代既婚女性に対する行動や態度

食事に誘う

本当に好きになってしまった女性に対しては、既婚者であっても一緒に食事をしたいと思うものです。

不倫でもお付き合いしたいと思う女性に対して、食事に誘うことで、少しでも一緒にいたいという願望を叶えようとします。

また食事は、心の距離感を縮める方法として非常に有効な手段です。

デートの基本は食事から、とセオリー通りにデートのお誘いをします。

もし付き合うことが無理であっても、食事に行くだけでも楽しい時間を過ごすことができるものです。

既婚者を食事に誘う行為は、言い訳ができるお誘いだとも言えます。

ご飯を食べながら、普段聞けない話を聞くことで、もっと彼女のことを知ることができるチャンスでもあるので、独身女性のように一回の食事で交際に持ち込むような勝負をしなくてもいいと考えることができるのです。

「食事だけでもどうですか」という言葉は、これから距離を縮めようと考えている証拠になります。

既婚者相手にすぐ結論を求める男性はいないので、徐々に気になる存在になりたいと思っているはずです。

結婚している人と食事を共にするという機会こそ、とても貴重な時間となるので、彼女のことをもっと知るためには重要なステップといえます。

手を取りじっと目を見つめる

結婚している女性に恋をしても、その恋心にすら気が付いてもらえないというのが通常です。

自分の恋心に気が付いてもらう必要がある男性にとっては、全ての行動がアタックチャンスとなっています。

「もう不倫でも構わないからお付き合いしたい」と望む男の人は、自分の好意を伝えるために、女性の手を取りじっと目を見つめるという態度をとるのです。

この態度は、通常の動きの中ではありえない動きになります。

結婚している女性の手を取る、という行動そのものが不自然なものだからこそ、相手の女性も「どういう意味?」と考えるきっかけを作ることができるはずです。

好意を伝えるためには、「他の人とは違う感情を持っている人」という認識をしてもらう必要があるため、「なんで手を取るの?」「どうして見つめてくるの?」と疑問を持ってもらうことが手っ取り早い方法になります。

「もしかしたら好意を持ってくれているのかもしれない」と気がついた時からが本当のアピール開始です。

不倫関係になれるよう、女性を振り向かせる努力を始めます。

一度気持ちに気がついた女性から見れば、その後のどれもが自分に対しての好きアピールに見えるため、気持ちが落ち着かず意識が集中していくのです。

「自由に動ける時間っていつですか?」と空き時間を確認する

家庭を持つ女性は、常に何かの用事に追われています。

パートでもフルタイムでも、家に帰ってからやらなければいけないことは目白押しで、急いで帰っていく姿を常に見ているものです。

そのため、デートの誘っても断られる可能性が高いことも理解しており、不倫関係になったとしてもまともに会う時間が作れないということが一番心配な部分だと言えます。

「自由に動ける時間っていつですか?」と空き時間を確認することで、不倫関係になったらどんなペースで会うことができるか、頭の中でシミュレーションしているのです。

好きになってもらうことに成功しても、会うことが全くできなければ、お互い辛い思いをするばかりなので、耐え切れる自信がありません。

しかし、生活パターンを先に知っておくことで、既婚者に愛の告白をした時に、恋愛方法の提案をすることができるものなのです。

不倫関係になっても、旦那さんから奪おうという勇気はないので、彼女にとって無理のない交際をしたいと考えています。

旦那との親密度を探る

「不倫でもいい!!」と、既婚者の女性にゾッコンの男性は、彼女の夫婦関係を調べようと動き出します。

「家では旦那さんとよく会話するんですか?」「結婚生活どのくらいですか?」「今でも夫婦仲良しですか?」と旦那との親密度を探ることで、どんなアプローチで近づこうかと作戦を立てるのです。

この質問でもし、「夫とは全然会話もしていないし、ワンオペ育児みたいなものよ」と返答があれば、子供との時間のやりくりを考える必要があります。

夫の不満が出ようものなら、すぐにでも告白をして不倫を始めたいとも考えているものです。

彼女に惚れている男としては、夫婦の夜の営みも確認したいところですが、本当に好きな女性が夫とうまくいっていると答えられることは怖いと感じるため、聞くことができる人は本気度が低いとも言えます。

夫の仕事を聞くことで、どんな勤務スタイルなのか、出張が多いのかも知ることができるものです。

旦那の仕事が忙しければ忙しいほど、彼女のことが好きな男性としては嬉しいことになります。

さまざまな角度から夫婦関係の親密度を確認することで、不倫恋愛が可能かどうか探っているのです。

恋愛観の話から不倫についてどう考えるか尋ねる

どれだけ好きになっても、既婚者の女性に不倫をするつもりが全くないのであれば、不倫関係になる可能性は極めて低くなってしまいます。

しかし、少しでもアリだと考えているのであれば、自分がその立場になることがあるという可能性を示していかなければ、二人の未来はありません。

さりげなく恋愛観の話から不倫についてどう考えるか尋ねることで、彼女の不倫に対しての考え方を探ります。

「絶対ダメ、信じられない」という答えであれば、どれだけ好きになっても恋愛関係になることは難しいと言えるものです。

逆に「人によるんじゃないかな。いろいろな事情があるだろうし」など、他人ならしていることも受け入れるというスタンスの返答であれば、脈アリになります。

自分が恋愛をするという立場になるという仮定の話を入れたり、夫婦間に恋愛感情を持ち続けているかどうかを聴いたりして、結婚生活と恋愛感情は別だという認識をしてもらうのです。

既婚女性の頭の中で「もし自分が不倫をしたら」という仮定が出来上がれば、急に現実味を帯びてきます。

「もしかしたら私に好意を持ってくれている?」「不倫の話は私のこと?」と意識してもらうことで、二人の関係性を縮めていくことです。

年下独身男性が年上既婚女性を好きな時の好意のサインや本気の態度や男を落とす方法

既婚男性が好きになる既婚女性って?惚れた時の好意のサインや好きになる瞬間を徹底分析!

40代既婚女性がモテるのは大人の余裕が出ているから

「結婚しているし、モテるはずがない」と思っている女性であっても、40代既婚女性は今までの経験から自分でも気がつかないうちに、とても魅力的な女性へと成長しています。

女としての努力をやめず、大人の余裕が出ている女性は既婚者であっても男性の心を惹きつけるものです。

好意があると感じる男性がいるのであれば、それは勘違いではない可能性があるので、心の整理をして不倫をしてもいいと思えるなら、恋愛を楽しみましょう。

あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

イケナイオトメは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG