不倫(浮気)願望がある既婚女性と既婚男性の見抜き方や特徴。男女が浮気したくなるのは何故?

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を「あなたの運勢」でお伝えいたしますね。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの不倫の結末や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

「結婚しているのに、浮気をしたいと思うなんて…私変なのかな?」「結婚している人が不倫をする意味が全くわからない!」と自分自身の気持ちがわからないと思っている人や不倫をしている人を見ながら気持ちが理解できないと感じている人も少なくありません。

しかし現実に不倫や浮気がなくならないのは、結婚していても不倫や浮気をしたくなる心理や理由があるからなのです。

不倫や浮気の願望がある男女にある特徴や見抜き方を詳しくご紹介していきますので、心理を知ることで自分の気持ちを整理していくヒントにしていってくださいね。

世の中の不倫や浮気をしている人、これからしようとする人がどんな思いで行動しているのかがよくわかるので、あなたも自分の幸せに向けて行動しようと思えるはずです。

既婚者の男女が浮気したくなるのは何故?

夫婦関係の愛情がなくなってきたから

どれだけ愛し合って結婚したとしても、一生独身と同じ頃のような恋愛感情でいられるわけではありません。

結婚をして人生をともにするということは、恋愛からさらに深い絆で結ばれ、パートナーとして同じ未来に向かって歩いていくということです。

しかし、その事実は結婚当初には想像もしていないことが多く、付き合っていた頃とは違う現実、気を抜いた姿も見てしまう生活の中で夫婦関係の愛情がなくなってしまうことがあります。

もしくは、大切な存在だけれども「恋愛の好き」とは違うことに、違和感を持ってしまい、納得の仕方が分からなくなってしまうのです。

「家族としては大好きだけど女性としてみることができない」「もっとドキドキしたい」と湧き上がる気持ちを上手に整理できれば、家族としての幸せを築き上げていくことができるのですが、気持ちの整理ができずにいると夫や妻以外と恋愛をしたいという願望が生まれます。

「結婚する前はいつもキレイにしていてくれたのに」「夫婦になったけど家政婦みたいに思われている気がする」と少しずつ不満が大きくなると、外への恋愛願望が強くなり、現実を見ないようにしようとしていくものなのです。

家族という形にマンネリ化

結婚のタイミングの時点では、それぞれの家庭で家族の形が全く違います。

彼女の妊娠がきっかけで結婚を決めるカップルもいれば、結婚したとたん妊娠することもあるし、二人きりの生活に満足しきってから子供がいる生活を望む場合もあるものです。

もちろん、夫婦二人きりの生活を望んだり、夫婦の身体的に妊娠・出産が難しいため一生二人きりの生活を選ぶ夫婦もいたりします。

そのどれも家族という形として生活をしていく中で、今ある環境で幸せを求めて夫婦が力を合わせていく姿というのが一番望ましい夫婦の姿です。

しかし、時にその家族という形にマンネリ化してしまうことがあります。

夫婦共働きで家に帰ったら明日の準備をして寝るだけ、子供がいるけど毎日同じことの繰り返しで怒りっぽくなってしまった、夫婦の会話もなく楽しいことがない、と現実で過ぎていく時間に退屈を感じてしまうと、刺激が欲しいと思い始めるものなのです。

「夫婦生活も特に面白いことがないな」「結婚しても大変なことばかりだな」「もっとラブラブなら不満もないけど今は親の介護ばかりで夫婦のことも見直せない」と理想の結婚生活と現実の生活にギャップを感じて、何か変化を起きて欲しいと考えていることで、恋愛を求めて外の異性と接触をしていきます。

毎日イライラするから日常から離れたい

結婚生活というのは、独身の頃には想像もできない自分を発見することも多々あるものです。

自分のことだけをしていれば楽しい、嬉しいと感じる満足な毎日を過ごしていた頃とは違い、結婚してから家庭を持つということは、自分のことは出来て当たり前、プラスで家族のために動く必要が出てきます。

人のために頑張ることができるというのは、幸せなことでもありますが、一方で自分の思い通りに物事を進めることができないため、イライラすることも増えてくるものです。

特に子供が生まれると、純粋で自由奔放な子供のすることは、大人の考えることでは計り知れないため、振り回されてしまうということも多く、自分の人生を生きている実感がなくなってしまうこともあります。

「自分の時間がない」「静かに過ごせる場所が欲しい」「予定通りにタイムスケジュールをこなしたい」と思っていても、何一つ叶うことはなく、完璧主義な人ほど家族のために自分の時間を犠牲にしている気持ちがイライラへと変わってしまうものなのです。

女性であれば育児ノイローゼになってしまうことも多く、男性であれば家庭を見ないふりをしてしまうことで夫婦仲が悪くなってしまうことにつながります。

毎日イライラするから日常から離れたいと思っている人が、少しでも家庭から離れる時間をつくるために浮気や不倫をしようと考えるのです。

タイプの異性が現れた

長い人生歩んでいると、自分の思考回路だけではどうしようもないことが起きる時もあります。

タイプの異性が現れたとき、いくら夫婦仲が良くても、家族のことが一番大事だと思っていても、理性のコントロールが効かなくなってしまうことがあるものです。

恋はするものではなく、落ちるもの。

恋に落ちてしまうと、どんな状況でも自分の気持ちを止めることができず、ドキドキする瞬間を継続したいと思ってしまいます。

一目惚れになるのは、外見がタイプである場合が多いと思われがちですが、実際一目ぼれした人の話では、「顔はそんなにタイプじゃないのに不思議」と感じている人も珍しいものではありません。

目や唇、シルエットや手の形、強い意思が見える表情など無意識のうちに「好き」が発動してしまう部分もあるため、より本能が求める相手だと言えるのです。

理想のタイプが現れると、いくら制御しようと思っても相手の異性を目で追ったり「手に入れたい」と願ったりと、積極的に行動し始めてしまうため、結果浮気や不倫という形になってしまいます。

W不倫に本気でハマり過ぎるのは40代!男性・女性のハマる理由の違いや注意点

不倫相手と既婚男性&既婚女性がセックスにハマる理由と妻や夫とのSEXとの根本的な違い

不倫(浮気)願望がある既婚女性の特徴

常に刺激を求めるタイプ

積極的な女性というのは、自分が起こした行動で求める結果が得られることで満足につながります。

そのため、常に刺激を求めるタイプの女性は、結婚していても刺激がないと感じていれば、自分が動くことで刺激が得られるものを探すものです。

刺激という点で見ると、恋愛はとても刺激が多く、特に既婚者である女性が恋愛をしようと思うと片思いすら心が突き動かされます。

たいていの既婚者女性は、アイドルや俳優など芸能人に恋をすることで、恋愛の刺激を受けて満足しているのです。

しかし、自分の行動が伴わないと満足できないタイプの女性であれば、身近な異性を対象に、いかに「目で見て楽しむ」ことができるか、どれだけ接近できるか、相手を振り向かせることができるか、というシチュエーションを楽しんでいます。

見ているだけでは飽き足らず、相手の心を動かすために何をすればヒットするのか、考えることが楽しみになっていくものなのです。

楽しみが増えて行動に移すことが増えるほど、不倫になる可能性が高くなり、相手が振り向いた時点で恋愛が始まってしまいます。

この場合、相手の男性が振り向いた時点で冷めてしまう可能性もあるので、不倫関係が長続きせず、次々と相手を変える人にもなりやすいのです。

誰かに愛されていないと不安になる

女性の中には、誰かに常に愛されていないと不安になるという恋愛依存症の人も多くいます。

結婚していれば、そんな症状は出ないはずだと思われがちですが、旦那となったからこそ恋愛関係ではなくなり、愛されている実感が少なくなってしまうことも珍しくないのです。

夫となる男の人は、結婚したことで安心が生まれると同時に、言わなくてもわかるという気持ちから「愛している」「傍にいてくれてありがとう」という気持ちを言葉に表さなくなってしまいます。

そのため、恋愛依存症の女性は「もう愛されていないのかもしれない」「飽きちゃったのかも」と夫に対して不安を感じてしまうものなのです。

常に誰かに愛されていないと不安になってしまう女性は、結婚の有無に関係なく「愛している」と言われ続けなければいけないので、夫に求めるほど旦那も面倒になってきてしまいます。

そのため、夫以外に「愛しているよ」「君だけがそばにいてくれれば幸せ」と言葉にしてくれる異性を探して浮気を求めてしまうのです。

愛情に飢えているため、男性を落とすテクニックを熟知していて、不倫関係になることも容易なタイプといえます。

夫のことを信用していない

夫婦関係を続けていても、人間として尊敬できるかどうかというのは別問題です。

夫のことを信用していないという状況が続けば、離婚をしていなくても夫婦関係は形だけの状態になっていると言えます。

毎日一緒に生活をしていく中で、どれほど好き同士で結婚したとしても、細かい人間性が見えてくるものです。

夫が浮気をした過去がある、お金にルーズ、嘘をつく、大きな口ばかり叩いて行動しない、など人間として尊敬できないと感じる部分が多くあると、「こんな人だとは思わなかった」と結婚したことを後悔してしまうことに繋がります。

後悔したところで、離婚というものは簡単にできるものではありません。

夫婦という形を続けながらも、心が離れてしまうと修復することは難しく、夫以外に信頼関係を築くことができる人が現れれば、一緒に時間を過ごしたいと思うようになるものなのです。

仲良くなった人が、男としても人間としても「素晴らしい」と思える人であれば、一緒にいる時間で自分も成長できるし、心から安心できると感じます。

いくら夫婦であっても、結局は信頼関係があるかどうかで充実度が変わってくるのです。

子育てに余裕ができてきた

子供を出産してからしばらくは、子供に振り回される日常が続き、自分のことも後回しになってしまうものです。

独身時代は外見にとことんこだわりを持っていた人でさえ、メイクをする時間が億劫になり、スーパーと家の往復だけの毎日で疲れきってしまいます。

しかし、それも数年続くと、子供の成長とともに生活の時間が変化していくものなのです。

子供が成長して自分で何もかもできるようになり、一人で留守番もできるようになると、母親としても時間を自由に使うことができるようになり、億劫になって遠ざかっていたメイクもオシャレも再度復活していきます。

オシャレをすること、自分のために時間とお金を使う楽しさを取り戻すと、なんでもできるような気持ちになってくるものです。

子育ては簡単にできるものではありません。

数年、自分のことを押し殺してでも子供のために捧げてきた時間を振り返れば、少々のことではイライラすることもなく、何もかもが輝いて見えます。

子育てに余裕が出きてきたことで、「私のことを見てほしい」という欲求も育つので、不倫を始めやすい人となるのです。

子育てを通して夫への不満も諦めとなり、夫婦で恋愛をしようという気持ちはなくなってしまっています。

惚れっぽい

昔から惚れっぽい人というのは、いくつになっても変わらないものです。

独身の頃から彼氏がコロコロ変わる、一人の人で満足できない、人が優しくしてくれるとすぐ好きになる、など惚れっぽい人は人とのコミュニケーションをするだけで、心がウキウキして楽しいと感じることがたくさんあるため、積極的に交流を持とうとします。

既婚者だからこそ、周囲も安心感を持って接してくれるため、コミュニケーションもとりやすくなり、どんどん人を好きになってしまうのです。

ただ惚れっぽいだけならいいのですが、時に相手もその好意に反応してしまうことがあります。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる、とも言われますが、好きになる回数が多いほど、恋愛に発展する頻度も上がることは当然の摂理です。

「私は誰のことも好きになりません」という人よりも「あの人素敵、この人カワイイ」とたくさんの人に惚れて、愛想を振ることで、不倫が始まるきっかけとなります。

本人は毎度不倫をするつもりがなくても、時々引っかかってしまう”好きの引力”で二人は燃え上がってしまうこととなるのです。

夫も妻が惚れやすいことは分かっていても「結婚したら落ち着くだろう」「好きっていうくらいは放っておこう」と安易に考えていると、実はルールを破ってしまっているということが密かに起きてしまっています。

不倫(浮気)願望がある既婚男性の特徴

男として魅力があるかを知りたがる

不倫願望がある既婚男性は、結婚したことで自分を好きだと言ってくれる対象が妻だけになったことに不安を持っています。

妻だけが自分のことを男として見てくれている、ということは逆に言えば、他の女性は自分に男として魅力があるとは思っていないかもしれない、と考えてしまうのです。

男としてどれほど魅力があるのか、まだ自分はモテるのか、ということを知りたがるため女性を誘って確かめようとします。

男は単純なもので、自分の外見、筋肉、下の具合が他人と比べて優っていると人に言われることで一気に自信を付けることができる生き物です。

「二の腕の筋肉すごい」「触りたい」「奥さんが羨ましいです」などチヤホヤしてくれる女性は、自分のことが好きになったと思ってしまいます。

男の人の中でも「俺は人より○○がすごいから」とさも自慢げになるものです。

女の人からすればどうでもいいことも、男の競争本能が働くことで、勝ち負けをつけたがります。

自分には魅力がある、と言ってくれる人をそばに置いておきたいという願望が止められません。

妻とセックスレスになっている

既婚者男性にとって、妻とセックスレスになっている現実は、何者にも耐え難い事実です。

男の人は、結婚することで「いつでもセックスできる相手を手に入れた」と考えている人もいるくらいの重要な案件となります。

夫婦なのにエッチ出来ないとなると、誰を相手に欲求を解放すればいいのかわからなくなり、代役を探すことを余儀なくされるのです。

女の人は結婚してしばらくは二人きりのラブラブな生活をしていても、妊娠中は体がしんどくてエッチできないと、拒否することが多くなる人も多くいます。

出産後はホルモンバランスが大きく変わり、旦那を男として受け付けなくなるだけでなく、夫よりも子供中心の生活になり夜の夫婦生活は考えられないという状態になる人も珍しくありません。

中には「子供がいるのにセックスしようとする夫が気持ち悪い」と言ってしまう妻もいるものです。

また、女性ばかりが原因ではなく、結婚したことで夫側が、妻を女性として見られなくなり、なんとくセックスをしようという気持ちがなくなってしまうというケースもあります。

妻だけEDという症状もあるように、妻とは異性の中でも特別な人となるのです。

それでもセックスをしたいという性的欲求は出てくるので、奥さん意外と肉体関係を持つことで解消しようと考えます。

褒められたい

甘えん坊の男性は「褒められたい」という欲求を捨てきれずにいる人も多くいます。

毎日家族のために仕事を頑張り、休日には出来るだけ家族サービスをしようと思っているのに、なぜか上手く気持ちが伝わらず奥さんにいつも文句ばかり言われてしまう夫は、常に家庭に対して物足りなさを感じているものです。

それは承認欲求であり、「俺だって頑張っているんだから、少しくらい認めてくれてもいいのに」という不満となって現れます。

自分のことを認めてくれようとしない相手に対して、いつまでも求め続けることは精神的に疲れることでもあるため、奥さんや家族に居場所を求めることを諦めてしまうことになるのです。

「いくらやっても誰も褒めてくれない」「俺は家族に求められていない」と寂しさを感じる一方、「俺の頑張りを誰かわかってくれるはず」「安心できる場所が欲しい」と想う気持ちから妻以外の女性に、「認めてもらう」「褒めてもらう」という役割を求めます。

このタイプの男性は、不倫関係になるととても甘える傾向が強く、膝枕や「頑張っているでしょ?」「褒めて」「ヨシヨシして」と欲求を素直に言葉にすることもあるので、女性側も母性本能がくすぐられ、とても不倫関係は良好となるはずです。

浮気をすることで経験値が増えると思っている

「浮気も芸のうち」と言われるように、一筋にひとりの女性を愛するよりも、浮気をしてたくさんの女性を知ることで、人生の幅が広がると考えている人も少なくありません。

特に芸能人や経営者、未開拓の業界を引っ張るリーダーなどは、未知の世界を知ることで、自分の経験値が増えると思っているため、自分のキャリアアップのために浮気をすることがあります。

女心を知ることで仕事にも活きることを知っているので、浮気をする相手も同じような人ではなく、全く異なるタイプの女性を選ぶのです。

トップの人たちだけでなく、営業を仕事とする人であっても、「女性心理を知ることで上層部との繋がりを持ちやすくなる」というメリットもあり、人の心を操る方法を勉強するために浮気をする人もいます。

どれだけ本を読んでも、人の気持ちを学ぶためには実際にコミュニケーションをとってみることが一番です。

どんなタイプの女性がどんな本音を隠し持っているのか、女性の裏と表を見ることでプライベートな時にどんな言葉を吐き出すのか、と観察を進めていくうちに、その女性とつながりがある相手がどんな事を話しているのかということまで分かってしまいます。

お金に余裕がある

不倫をしようと思う男性は、お金に余裕がある人です。

家庭がある人が、生活費以外にお金を使おうと思うとゆとりがなければできません。

家庭を持つことで、独身の頃とは比べようがないほど自分のために使うお金がなくなり、自由が利かなくなるものです。

「一生守りたい」と結婚を決めても、お金の事まで具体的に想像できる人はあまりいないため、実際の結婚生活が始まってから急に自由がなくなり家と職場の往復ばかりの生活になってしまうことも珍しくありません。

妻や子供がいることで、一家の大黒柱が一生懸命働いても家賃や食費、水道光熱費など生きていくだけでお金がなくなっていきます。

自分が働いたお金を自分のためだけに使えていた頃と違い、少し大きな買い物をしようと思うと奥さんに了解を得ないと購入できないという家庭も多いものなのです。

ところが、お金に余裕があることで生活基盤が安定し、突然の出費にも対応できる準備もできていれば、他には取り立てて急ぎで必要なお金はなくなります。

自分のために使おうが、奥さんが目くじらを立てて怒るようなこともなくなるため、ほかの女性とデートに使ったり、プレゼントを購入するために使ったりすることもできるものなのです。

不倫(浮気)願望がある既婚女性の見抜き方

男性と二人きりになりたがる

不倫願望がある既婚女性は、よく男性と二人きりになりたがる傾向にあります。

願望がある時点で、男を落とすテクニックに少々の自信を持っており、二人きりになるチャンスさえあれば、恋愛に発展させることができると思っているのです。

恋愛も結婚も経験したからこそ見えてくる男性の考え方や喜ぶポイントを、自分の実力として試してみたいという願望もあります。

「旦那の時はこれを言ったら喜んだけど、彼の場合はどうだろう」「昔の彼氏はこんな時あれをしたら喜んだけど、他の人にも通じるかな?」と過去の経験からヒントを得て、不倫に発展する方法をあれこれと考えるものなのです。

そのため、二人きりになると普段とは全く異なるイメージの女性を演じたり、甘えてみたりすることで、意中の男性からの興味を引くような態度をします。

結婚していることで、素の自分を出す必要もなく、“恋愛を楽しむためだけの自分”を作り上げてもいいのです。

そう思うことでより大胆に男性を誘うことができ、普段の自分であればできるはずのない言動や服装にチャレンジをすることも可能になります。

新しい自分を知りたいという気持ちもあるため、女の自分を知らない相手と二人きりになることで自分開発をしていくつもりなのです。

夫との関係が冷めているとアピールする

浮気をしようと思っている人は、その理由を述べることで不倫の言い訳を作ることができます。

そのため、夫との関係がとっくに冷めているとアピールすることで、旦那からの監視や束縛がないことを伝えるのです。

いくら不倫をしようと思っても、相手が警戒をしていると恋愛関係に発展することは難しくなってしまいます。

「俺の嫁に手を出して!って怒られたら面倒だな」「もしデートをしても旦那からしょっちゅうラブラブ電話がかかってきたら恋愛どころじゃない」と思ってしまうことで、既婚者の女性のことを「いいな」と思っていたとしてもブレーキをかけてしまうものなのです。

不倫をするためには、対象相手の警戒を解くことは必須であり、そのために旦那との冷めた関係をアピールすることはその後の発展をスピードアップさせてくれます。

「もうひと押しで警戒が取れそう」という場合には、具体的に「もう一年ぐらいセックスレスよ」「旦那が帰ってきても会話なんてしない」と遠い存在のように伝えることで、相手に「じゃあ僕と浮気しても疑われることがないかな」と一歩踏み出すよう誘導することができるのです。

時間が余っていることを伝える

不倫をするためには、何より生活スタイルの中に”余暇時間”を作る必要があります。

浮気願望を持っている人は、その点をよく理解しているので、時間が余っていることを意中の男性に伝えるのです。

いくら「恋愛したい」「イケメンとデートするだけで癒される」「私に女のカラダの感覚を取り戻させて欲しい」と願ったところで、朝から晩まで必死に予定をこなしているようでは、到底今の生活の中に浮気をする余裕なんて生まれません。

早起きして子供と夫の弁当を作って、見送って急いで自分の準備をして仕事に出かけ、定時で終わったらダッシュでスーパーに駆け込み、買い物をして帰ってからまた家事をする。

そんな生活を繰り返していたのでは、ラインをしても既読スルー、電話は基本的に留守電、デートは一ヶ月に一度できるかどうか、という恋愛しか想像することができないはずです。

その点「毎日2時間くらいぽっかり穴があいているから、ちょうど埋められる何かないかな」と上目遣いで見られると、相手の男性は頭の中でセックスが浮かび「僕が埋めましょうか」と不倫関係の提案を向こうからしてくれるようになります。

時間の話は上手な女性の上級テクニックとして、活用されているのです。

「割り切った付き合いができる」と大人の女アピールしている

不倫願望を持つ既婚女性は、皆が皆ドキドキワクワクする恋愛や現実逃避を求めているわけではありません。

「私なら割り切った付き合いができる」と完全に体目的の付き合いでもオッケーだ、という大人の女アピールしている既婚者もいるのです。

男の人にとって、割り切った関係ほど願ったり叶ったりの関係はありません。

ましてや既婚者の女性は、ベッドの上でレパートリー豊富で自分の快感スポットも知っているという人も多いので、割り切った関係ができることほど、ありがたいと思える相手はいないものなのです。

結婚しているからこそ、夫婦のマンネリを避けて様々なテクニックを試していたり、夫にはできないことを浮気相手としてみたいと思っていたりと、セックスに対して積極的なことが伺えます。

男の人はAVを見すぎている人も多く、女優さんのように色々な方法で男を楽しませてくれることを期待しているものです。

しかし実際の女性は、相手に委ねていたり、自分の快感ポイントを知らないままだったりと、未開発の女が多くいます。

「割り切った関係を求めるくらいなら色々させてくれそう」と、少し変わった嗜好の男性も思わず生唾を飲み込むように、期待を持つのです。

不倫(浮気)願望がある既婚男性の見抜き方

飲みに誘う

男の人は単純でわかりやすい行動を起こします。

不倫願望がある既婚男性は、意中の女性を飲みに誘うのです。

お酒の席に行くだけで、相手の女性は気を許してくれるようになり、好感触であれば一軒目からボディタッチをすることもできます。

とにかく早く体の関係になりたくて、あらゆる手段で女性の体に触れようと模索するものなのです。

お酒を飲むと女性は無防備になりやすく、普段は防御モード満載の人であっても冗談や多少のボディタッチを許してくれるようになります。

そこで“自分がいかにいい男か”というアピールをすることで、すぐに恋愛に発展することができると考えているのです。

お酒を飲むことで、女性をその気にさせるという目的もありますが、実はその逆もあります。

お酒の力を借りて男の人自身が「禁断の関係」「秘密のミッション」を達成しなければいけないというプレッシャーから解き放たれ、背中を押してもらえるようアルコールをたくさん摂取するものなのです。

少し酔っ払う程度の方が女性を口説くのに不要な遠慮や不安を自分の心の中から排除することができるため、勢いをつけて不倫のきっかけとなる行動をすることができます。

声をかけてくる回数が頻繁

浮気願望がある人は、とにかく声をかけてくる回数が頻繁になります。

男の人が女の人とコミュニケーションを取ろうとすると、会話をすることが一番の近道なのです。

これが独身男性であれば、すぐ食事に誘ったり、「遊びに行こう」と誘ったりして友達関係から徐々に関係性を深めていくことができますが、既婚者という立場上、簡単に遊びに誘うことができません。

「今度二人でドライブ行こうよ」と誘ったところで「奥さん悲しみますよ」「結婚している人とはデートしませんよ」と簡単に断られてしまう可能性が非常に高いものです。

そのため、好みの女性と関係性を高めたいと思っている場合、とにかく何気なく近くにいる、という状況を生み出すことが最優先となります。

「いつも近くで笑っていてくれる」「困ったときには必ず助けてくれる」と思ってもらえるようになるためには、常に気になる子のことを観察して近くにいなければいけないのです。

頻繁に話しかけることで、恋愛に進むハードルを低くし、いつでも不倫関係に持ちかけることができるよう下準備をしていきます。

話をするという簡単な行為であっても、お互いのことを知るには非常に重要なことであり、既婚者ではなく異性として意識をしてもらうためには、話し方や内容にまでこだわって長期戦の関係づくりを進めているのです。

外見や内面をやたら褒める

外見や内面をやたら褒める既婚者の男性は浮気願望を隠しきれていないと言えます。

「妻以外の女性が可愛く見える」「家に帰ってもキレイにして待っていてくれる女性はいない」と思うほど、奥さんの存在が日常化していて、異性として感じられなくなるものです。

家に帰れば常に部屋着でノーメイクの奥さんしか見ていない、出かけるといえばスーパーに食材を買いに行く程度、子供と遊ぶことばかりで夫とデートなんて微塵も考えてくれない、など妻に対して「女性としてもっと夫に気を配って欲しい」という不満をたくさんもっています。

浮気願望が出てくることで、妻以外の女性が可愛く見え、褒めているうちに喜んだ顔を向けてくれることに喜びを感じるのです。

喜んでくれる言葉をかけ続け「俺のこと好きにならないかな」という期待を持っているので、声をかける行為そのものが楽しくなります。

いいところをたくさん見つけることができるという点も、今の妻に対してはなくなってしまった感情なので、男性自身も喜んで女性を褒めることを続けられるものなのです。

外見や内面を褒めることで、どんな女性なのかプライベートの彼女も想像することにもなり、楽しさも倍増します。

「夜の方はすごいよ」と自慢する

男の人は、セックスアピールを得意とします。

「夜の方はすごいよ」と自慢することで、モテると考えているのです。

実際には、エッチが上手な男性がモテるのではなく、モテる男はセックスが上達していくという自然の摂理なのですが、夜自慢をする男の人はその自覚がありません。

とにかく自分の体がすごい、テクニックがすごい、女を満足させることができる、と伝えることで、相手の女性から「じゃあ、あなたのテクニックを見てみたい」と思ってもらえると考えているものなのです。

このタイプの既婚男性は、一夜限りのワンナイトラブでも、セフレでも、不倫でも何でもいいから肉体関係を持つ人を増やしたい、という心理が働いています。

奥さんと比べることもなく、恋愛を長続きさせたいという願望でもなく、不倫という結婚相手以外の女性とセックスできる人がいること自体が男のステータスなのだと考えているのです。

そのため、好みの女性と不倫が実現しなくても「試せば分かるはず」「自分と夜を過ごさなかったことを後悔してしまうはずだ」と考えているので、落ち込むこともありません。

不倫(浮気)願望がある既婚女性と既婚男性は行動が違う

不倫や浮気願望がある既婚女性や既婚男性には、自分を満たしたい、夫婦の不仲から逃げたいという様々な欲求があることがわかります。

実際行動に移すときには、同じ既婚者であっても女性と男性では、不倫や浮気に向かう行動が違うものです。

あなたが気になっている既婚者が、当てはまる行動をとっていれば、不倫関係に繋げて恋愛を楽しむことも可能になります。

きっかけを上手に掴んで、楽しい不倫ライフを送りましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

最強の不倫ポータルサイト「イケナイオトメ」

イケナイオトメは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG